コラム 旅行が楽しめない相手と結婚すると後悔する?「夫と旅行したくない」妻の事情~その2~

旅行に対する金銭感覚の違い…

「結婚する前は、露天風呂付きの宿とか、プールやジャグジーがついたコテージといった、奮発する旅行もちょくちょくしていたんです。でも、結婚後は、“ここ行ってみたい”ってホテルの予約サイトの画像などを見せるだけで、引くくらい大きな声で、“え、高すぎるでしょ!”とか、“そんなところに泊まる人ってどんな人なの?”とか言うんです。“じゃあ、私が出すから、一緒に行ってくれる?”と言えば、“それならいいけど、って言って一緒に過ごせるんですけど。

実は、私、夫の収入を知らないんです。でも、業種からいって、たぶん私のほうが多いような気がします。経済的にキツイのかもしれません。付き合っていた当時は、彼も頑張ってくれていたんでしょう。でも、彼にとって、結婚はゴール。だから、もう、背伸びしたお金の使い方はしたくないのかな、と想像しています。

一方、私は、生活費をコンパクトにしたり、趣味を控えたり、ほかの出費を削っても、たまにの旅行の食や宿にお金をかけたいタイプ。彼もそうだと思っていたのですが、そうではなかったみたいですね。そこは想定外でした。

ただ、旅先でも、とても優しいし、予約の手配なども頼めばなんでもしてくれるし、好きな人と好きなことができて、私はすごく楽しいんですよ。独身時代の価値観を壊すことなく、結果的に楽しい旅行もできているので、私的にはアリです。結婚後、たとえ想定外のことが起こっても仲良くできるポイントは、結婚しても相手のお財布を期待しないことですかね?」(36歳 ・広告会社勤務)

☆☆☆

飛行機が嫌い、船や車は酔う、混雑したところに行きたくない、日に焼けたくない、虫はムリ、違う枕だと眠れない、不特定多数が使用するプールや温泉が苦手、とにかく休日は家でのんびり過ごしたい、などなど、「旅行をしたくない」「旅行は好きじゃない」理由はさまざまですが、ちょっと思いを巡らせてみて、夫と、家族と「(自分が理想とする)旅行できないのはつまらない」と思うなら、相手の旅行観も確認しておいたほうがいいかもしれません。結婚は日常。ですが、非日常も一緒に楽しめる相手でないと、日常にも不満が募ってしまうかも……。

「親に連れまわされる子どもがかわいそう」などと言って、家族旅行を拒否する夫も少なくない、とか。

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

1 2

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。