コラム 【もやもや】警報レベル越え! インフルエンザになったら、働き女子がすべきこと~その2恋愛編~

気弱になっている病み中は大きな決断をしてはいけない、はアラサー女子に適用されるか?

警報レベルを超え、もはやいつかかっても致し方なしという状況のインフルエンザ。堅実アラサー働き女子は、インフルエンザにかかっちゃったらしのごの言わずに会社休め、そして病院行けというアドバイスをさせていただいた前半に続き、後半は療養中の過ごし方についてです。

☆☆☆

 

私もこのところ、インフルエンザによる夜の予定ドタキャンされが続いています。いいんです、しかたないんで。無理を押してたどり着きました! とされても却って困っちゃいますし。

でも、わかった時点で連絡してきてほしいものよ。

LINEは既読スルー、電話も出ない、でその日の夕方になって「私、インフルで今自宅待機なんですよー」としれっとLINEが送られてくると、それ、3日前でも送れなかった? とついもやっとしてしまいます。

確かにインフルエンザにかかるのはしょうがないですけど、インフルエンザだって言えばなんでも許されると思ってんのか? とついカチンときてしまいます。

まぁ、そうなんだーお大事に、って返しましたけど。
そしたら

A子 「相談したいことあったのに! 私、カレシと別れようと思ってるんですよね!」
となぜか半ギレ。

彼女は37歳、IT広告関連会社勤務の34歳の恋人がいます。

A子 「結婚の話も全然進まないし、好きだかどうかわかんなくなっちゃいました。」
と連投してくるので、体調が悪い時は気弱になってネガティブな考えに偏っちゃうから、元気になってから考えれば?
と打つ間もなく

「授かり婚のほうが踏ん切りつきそうとか言ってたのに、妊娠したかも🎶って言ったら、“え? 困る、今回は諦めたほうがお互いのため”、って即答だし、お金ないっていってたまに外でご飯食べても割り勘なのにパチンコとかマージャンやってるみたいだし、極め付けは専業主夫になりたいって言うんですよね、うちに来ても寝てるだけでご飯ひとつ作ってくれたことないのに」

と送られてきて、
うん、それはちょっとダメかもしれない気がします。

1 2