コラム 好きじゃない人からは好かれるのに、好きな人には好かれない…なぜ?独身30代の悩み【前編】

今週の「女のもやもやセラピー」のテーマは「好きじゃない人からは好かれるにに、どうして好きな人には好かれないのか」です。

この場合「好きじゃない人からは好かれる」ということ自体は、悩みの根本ではありません。好きじゃない人から好かれても、それ自体はいいのです。最初は「好き」という思いがなかったとしても、好かれることで相手を好きになれれば、「好きじゃない人からは好かれるのにどうして……」といった悩みは発生しないものです。問題は、「人から好意をもたれるよう自分磨きなど頑張っているのに、自分が好きになった相手には、それが通用しないのはなぜなのか」ということ。

「モテたいわけではない、好きな人に愛されたいだけ」という30代独身女性のみなさん、一緒に考えていきましょう。

好きな人がいるときに、好きじゃない人からのLINEに返信するときのもやもや感…。

「モテ」を備えていても、好きな人から好かれない30代女性の特徴

社会的な好感度は兼ね備えているにも関わず、好きな人からは好かれない人の特徴として、いちばんに考えられるのが、「自分嫌いの努力家さん」です。

自己啓発などの分野では、「自分のことが嫌いな人を他人が愛するわけがありません。まずは自分が自分を愛しましょう」などとされていますが、そんなことはありません。自分が嫌いでも嫌いじゃなくても、外に発されているものが魅力的であれば、好意をもってくれる人はいくらでもいます。ただ、自分嫌いの人は、相手が自分のことを好きだと気づいた時点で、「こんな人間(自分)を好きになるような人間も、同じようにロクなものではない」とシャットダウンをしてしまうのです。そして、自分を好きにならない人ほど魅力的なのだ、というこじらせを起こしてしまう…。

「自分大好き!」な濡れ手に粟な人なら、誰でも好きな人から好かれるか、というと、そんなこともないのですが、好意をもってくれた相手をシャットダウンせず、受け入れ姿勢を取っていれば、「好きな人にだけ好かれない」と悩むこと自体なくなるはずです。

「ポジション」ですでに「恋人枠」から外れてしまっている

しかし、「好きな人に、どうも通用しない」というケースはほかにも多々あります。

例えば、「仕事仲間、友達としてはとても順調な関係であるけれど、恋人関係に至れない」というもの。自分には多少を問わず恋愛感情があるけど、相手には(たぶん)ない、という状況だと、「けっこう仲はいいのに、なぜダメなのだろう」というもやもやが広がります。

これはもう、本人がどうこういうわけではなく、相手の認証問題としかいいようがないでしょう。

比較的男性に多い感覚といえるのかもしれませんが、「恋人」と「それ以外」で、好きなタイプがまるで違う、という人は少なくありません。仕事仲間なら、女友達なら、不倫相手なら、セフレなら…とポジションありきで選別するタイプです。いずれかの「枠」のタイプにハマってしまったら最後、「恋人枠」の配役候補にはならないのです。これは、相手が悪かった、出会うタイミングがまずかった、ポジション設定を誤った、ということですが、「好きな人に好かれない」ということとは、分けて考えたいところです。自分に非はひとつもないのですから。

男性陣に聞いてみると「好きになる相手の理想が髙すぎるからだ」「自分がその相手に愛されるレベルに達してないからだ」といった、「好きではない人からは好かれるのに、好きになった人からは好かれない」などと考えること自体、身の程知らずの勘違い女なのであろう、とコテンパンでしたが、「一般人は、美人だったりかわいかったりすればすぐに好きになるけど、美人な人が好きになるような相手は、顔だけじゃなく、それ以外の部分も総合的に評価する“できた”人。だから、女性としては“自分は性的な魅力があるはずなのになぜ?”と思ってしまうのではないか」と多少ばかりですが、女性に寄り添った意見もみられました。

まぁ、そういうタイプも一定数はいるしれません。しかし、それ以上の「正解」が出てきました。

後編では、「好きじゃない人には好かれる 」30代独身女性が、「好きな人に好かれない理由 」を、男性の意見とともにさらに紐解き、対処法を講じていきタイト思います。

後編に続きます。

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。