コラム 30代の「好き」はどこから生まれる?婚活女性に聞いた「相手を好きと自覚した瞬間」【前編】

今週の「女のもやもやセラピー」のテーマは「30代独身女性が相手を好きと思う瞬間」です。婚活中の女性、そして結婚を視野に入れた恋活を続けている女性の中には「好きっていう気持ちがどういうものなのか忘れてしまった」「何がどうなると好きだってことになるのかがわからない」という、「そもそも」の部分で迷い、もやもやしている状況に陥っている人が少なくないようです。

友達や仕事仲間に対する「好き」と恋愛感情は違うのはわかる。けれども、職場恋愛なんてものもありますよね。ただ、「……これって好きってこと?」という思いがふと浮かんだときに、「万が一、好きだとしても、それ以上の気持ちをもつのは仕事に支障がでてしまう」などといった理由から「なかったことにする」ということもあり、そうこうしているうちに、「恋する」方法がわからなくなってしまう、なんてこじらせ現象も。

そんな状況で恋活や婚活をしていれば、実際、相手と対峙したときにも「好きかどうかがわからない…」となり、結果的に、「なんか、うまくいかなかった」となることも。「好き」が何かがわからなかったら、その先に進めるわけがありません。みんなはどうやって、自分が相手を好きか、あるいは好きになれるかどうかを判断しているのでしょうか。

そこで今回は、30代独身女性に聞いた「相手のことを好きと自覚した瞬間」を聞いてみました。

30代独身女性の「好き」を自覚した瞬間

「マッチングアプリは継続的にやっているんですが、コロナ自粛もあったし、やりとりが続いても、会おうと言われると、“え、今、会いたいってなる?”って思ってしまって。そうなると、やりとり自体が止まってしまうんですよね。

でもある日、アプリを触っていて、マッチングしたその日に連絡がきて、1時間くらいやりとりして、そのまま会おうってことになったんです。このときの気持ちを考えると、やりとり中に、1個もイヤなところがなかった、に尽きると思います。普通だと、“え?”って思うことがちょいちょい起こるんですよ。例えば、ヘンな絵文字を使ってきたり、変な質問ばっかりしてきたり。

で、その人とは実際に会ったんですけど、すごくのんびりしている人で。食べ方もきれいだし、歩き方も笑い方も“イヤじゃない”。なんていうか、マイナス要素がひとつも見つからなかったんです。

その日から、毎日のように会うようになったんですが、トイレを立って使うとか、お風呂に入らない状態でベッドに入るとか、私が絶対にイヤって思うことを、そもそもしない人だったんです。半年ちょっと一緒にいますが、今もイヤだなって思うところがひとつもありません。で、ふと、好きってのは、こういうことなのかなぁって思って。見た目はぜんぜんタイプでないんですが、たまにカッコいいと思えちゃったりして(笑)」(31歳  広告会社勤務)

「近づいたときにイヤじゃないから多分好き」という逆発想

「実は私、27歳のときに不倫を卒業して以来、6年くらい彼氏といえる人がいなかったんです。好きになるという感覚もわからないし、誰かに熱烈に気持ちを動かされるっていうこともなかったんです。

でも、お友達は多くて、寂しいとかいう思いもさほどなくて、それはそれでよかったんですが。ある日、メンバーになっている美食会みたいな定例の会合があって、そこに連れられてきた人がいて、とても話が盛り上がったんです。楽しくて、仕事で疲れていたせいか酔うのも早くて。それで何がどうなったのかわからないのですが、覚醒したら、その人とベッドにいたんです…。

本当に驚きました。私、そもそも人に触られるのが苦手で、これまでの恋愛でも、相手の人からつまらないって言われるタイプだったんですよ。でも、その人とは、ヘンな言い方ですが、すんなりと“できた”というか。自分でも、こういうことあるんだーって驚いたくらいです。それで、私はこの人のこと、好きなのかもしれないって思ったんです。

相手はけっこうグイグイきていて、それもあって、愛されている幸せも感じられるので、こういうのが自分には合っているのかなと思います。冗談めかしですが、将来の話が出たりもするので、来年あたりに結婚するかもっていう感じです」(34歳 派遣)

30代という落ち着いた年齢になると、“イヤじゃないから好き”という消極的発想もアリなようです。「仕事が手につかなくなるし、考えるだけで胃がキューンと痛くなったり、感情をぶつけないと気が済まない恋愛は今はしたくない」(33歳 IT関連会社勤務)と言う人も。仕事と恋愛、どちらもエネルギーが必要ですが、仕事を手放さずに恋愛も、となると、恋愛に大きなカロリーは使えない、というリミッターがかかるのかもしれません。

一方、男性はどうなんだろう……ということで、後編では、引き続き女性の体験談と、男性の意見もご紹介します。

後編に続きます。

「一緒にいて不快じゃない」相手は、「好き」ってことにしていい。

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。