コラム 30代独身女性「クリスマスは好きな人と…」への情熱度合いはどのくらい?【前編】

「理想のクリスマス」にならないような気がするので、スルー

「仕事関係の同世代の人で、好き、というか気になる人はいます。相手も独身だし、月に1度程度なら、気軽に誘って飲みにいったりできる間柄で、レベルとしては、付き合えたらいいなぁ…という感じ。

もし24日、会社帰りにでも、連絡が来て、さりげなく食事に誘われて、帰り道に告白されたら…なんて、シチュエーションを妄想してみたりしちゃってます。ただ、私のイメージ通りには、絶対にならない気もするんですよね(笑)。“港区おじさん ” みたいなタイプではないので。

その人と話していて楽しいのは、会話のテンポと“オチのツボ”が同じだからだと思うんです。見た目もタイプではないけれど、嫌いではありません。だから好き。でも、例えば、テーマパークのチケットを取っておいてくれる、とか、素敵なレストランを予約しておいてくれる、みたいな気の利いたことをしない気がするんですよ。

せっかくクリスマスデートに誘われても、当日、どこも入れなくてイライラしたり、混んでたり寒かったりしたときにグチグチ言いそう…って思うと行かないほうがましって考えちゃうんです。

図々しいのかもしれませんが、“クリスマスに、好きな人とただ一緒にいられればいい ” みたいには、もう思えないんですよね。“ちゃんと”してもらえないなら、傷になるだけだし。だったら、いらないって思っちゃいます。期待すると、がっかりして嫌いになっちゃう気がするから(笑)。それももったいないと思うんですよね」(IT関連会社勤務 32歳)

引き続き、 後編でも、好きな人がいる30代独身女性の「クリスマスの予定」をご紹介します。

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

1 2

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。