コラム 「ずっとおひとりさま」なわけじゃない!50代独身女性の恋愛事情【前編】

「今はおひとりさま」な30代独身女性が常に抱えている不安のひとつが、「このまま“ずっとおひとりさま ” かもしれないーー」ということ。

国勢調査によると、2020年のの50歳時の女性の未婚率は16.4%。そして、 「少子化社会対策白書」 では、この数値は今後もゆるやかに上昇し、現在の30代が50代を迎える2040年には18.7%になると推計しています。20%弱は、決して高い数値ではありませんが、自分が「そっち」になる可能性はゼロじゃない、しかも、マイノリティって生きにくそう…などと考えてしまうもの。

「寂しそう」「つまらなそう」「肩身が狭そう」「苦しそう」…そんな不安を払拭すべく、 今週の「女のもやもやセラピー」は、 「“ずっとおひとりさま ” ってどんな感じ? 50歳、派遣、一人暮らしの日常」の第2弾として、アラフィフ「おひとりさま」の日常の中から恋愛をフィーチャー。リアルなところをご紹介していきます。

50歳までに結婚すると思っていたけど…

「50代で独身だからって、恋愛してないわけでもないんですよ。私にも半年前まで彼氏がいました。仲間内の飲み会に友人が連れてきた人で、8歳年上で、バツイチで息子さんもいたんですが成人されているし、双方の親にも恋人として紹介していたんです。バイタリティがあって、見た目のタイプで、経済的にも魅力のある人だったんですよ。ただ、3年半お付き合いしましたけど、“仲がいい時期”が持続しなくて(笑)。

好きだから、会いたいから会うんですよ、お互い。でも、一緒にいると、ささいなことでケンカになってしまうんです。私がちょっと反論すると不機嫌になったり、抑え込むような言い方をしてきたり。それで私が腹を立てると、彼の部屋にいれば、目障りだから出ていけ!ってなるし、ドライブしていれば、車から降りろ!ってなってしまうんです。お互い年を重ねて頑固になってるから、歩み寄れないのかもしれません。

それで、別れようってなって、でもやっぱり好きでよりを戻して…っていうことを、周囲が呆れるほど何度もやりました。その行ったり来たりは20代の恋愛とさほどかわらないんじゃないかと思います。言ってしまえば“大人気ない”?(笑)。

でも、私は強いタイプの男性が好きで、熱い恋愛が好きなんです。仲がいいときとか、ひとりで彼のことを思っているときには結婚できたらなぁとか夢見てたりしましたけど、現実問題として“好きだけど一緒には暮らせない”っていう人っていると思うんです。だからといって、たいして好きでない相手となんて、今さら一緒に暮らせませんから。それで結果的に“結婚せずに”ひとり、っていう女性も多いと思いますよ」(51歳 派遣)

1 2