コラム 【もやもや】藤原紀香の結婚会見で思い出した「好きな人の子どもを産みたいと思う女心」~その1~

もやもや

気持ち的な妊娠適齢期って意外に高齢なのかもしれません。

みなさんこんにちは。もやもやスプーニスト 白玉あずきです。本日も心の奥底に澱のように溜まる女のもやもやを、上から目線でセラピってみたいと思います。

☆☆☆

本日のテーマは「好きな人の子どもを産みたいと思う女心」です。

3月30日。女優の藤原紀香さんが歌舞伎俳優の片岡愛之助さんと再婚され、翌31日におふたりの結婚会見がニュースになりました。

記者からの質問の返答にちょいちょい挟み込まれる関西弁イントネーションがビジネス的と揶揄されたりだとか、それを「嘘っぽい」と分析したバラエティー番組に対して「涙が出た」と紀香さんがブログで反論したりだとか、週を明けても薄めに話題になっていますが、DAIGO&北川景子さんの結婚会見のときのような祝福感で満たされないのはなぜ?

愛之助さんが伏目がちに答えるたび、そして紀香さんがウキウキとマイクを握るたびに、思い出されて仕方がない熊切あさ美さんの号泣顔と赤裸々な未練トーク。過去のいろいろをわりと具体的に知っちゃってることが、手放しで喜べない理由のひとつなのかもしれません。

テレビ業界では、披露宴をテレビ中継できるかが話題になっています。でも、それもう2007年に1回見たし。陣内バージョンだったけど。
きっとオファーが来たら、実現しそうな気もします。紀香さんには「求められているなら、見せてあげる」感があるし。でもそれ……一般人には少々重荷。ちょっとは知りたいけど、全部はいいや、というのが本音です。

とはいえ、今回の会見で紀香さんと同世代のあずきが何より「は!」としたのは、「好きな人の子どもを産みたいと思うのが女心ですから」という紀香さんのコメントです。

出産経験のない44歳の女性に「お子さんのご予定は」と尋ねる記者のメンタルもすごいと思いますが、それはまぁ結婚会見の“お約束ごと”なのかもしれないとして、愛之助さんが自身の経歴を踏まえて「歌舞伎後継者としての世継ぎ的には養子という選択も」と華麗にスルーさせたと思いきや、すかさずマイクを取っての「でも、私は産みたい」からの「好きな人の子どもを産みたいと思うのが女心」発言。女心というよりもむしろ乙女心です。

女優の田中美佐子さん(当時43歳)や、作家の林真理子さん(当時44歳)など、紀香さんと同じ年代の方が妊娠、出産された事例ももちろんありますし、高齢出産枠ではあるものの、可能性はゼロではありません。産みたいと思うのは自由です。なので、そこは納得なのですが、あずきは恋愛日照りのせいか、すっかり忘れていたのです。「好きな人の子どもを産みたい」という気持ち。

1 2