コラム マッチングアプリの「それ書く必要ある?」なプロフィールの数々【後編】

マッチングアプリのプロフィール欄にもやもやしている今週の「女のもやもやセラピー」。引き続き、恋活、婚活にマッチングアプリを利用している独身女性に聞いた「なんでそんなこと書くんだろうってもやもやした」内容をご紹介します。
【前編】はこちら

ひとこと多い

「“最近、写真の加工技術がすごくて、会うと全然違うってことが多いですよね!”って書いてあって、なんじゃこれ、と思いました。だから何なの?と、なんだか無駄にイライラしてきちゃって(笑)。さっさと左スワイプしましたが、ちょいちょい私のプロフィールに足跡がついていて、それを見るたび、“あなたとは会・い・ま・せ・ん!”って声に出して言っています」(35歳 派遣)

「“周りからは野生爆弾のくっきー!に似てるって言われます!僕的には長瀬智也って言われたいんですけどね(笑)”ってあって、確かに、キャップを逆向きにかぶってうっすら髭を生やしているキメ写真は、ワイルドで、くっきー!にも見えるし、ぽっちゃりめの長瀬智也に見えなくもない…って感じなんですが、大人なんだし、マッチングアプリで“欲しがる”のって、ふざけているみたいに思えてしまいます。そんな余計なことを書かないで、まじめに情報を書けよ、って思います」(34歳 フリーランス)

「“年より若く見えます、という人に言いたい。それって必要ですか?”って書いてあったんですが、それこそ、それを書くのって必要ですか?って思いました」(33歳 会社員)

「プロフィールの冒頭に、“よく読んでくださいね”って書いている人がいました。きっと、やりとりがはじまっても、プロフィールに書いてあることを質問すると、イラッとくるタイプなんだと思いました。仕事相手に、何か質問するたび“さっき僕、言いましたよね?”とか“メールをちゃんと読んでください”って書いてくる人がいて、メンタルやられているんですが、その人のことを思い出して胃がぎゅーっとなりました」(36歳 フリーランス)

「プロフィールの文末に“僕で妥協してください!”って書いてあって。会社経営者、年収3000万以上の細マッチョで、条件的にはとてもよかったのですが、最後のその一文に、引きました。絶対、そんなこと思ってないだろうなって思って。逆に、俺ってすごいだろっていうのが透けて見えて 気持ち悪かったです」(34歳 会社員)

明らかに「つまらない人」っぽい

「“会社と自宅の往復で退屈しています。まずは気楽にお話しませんか”って書いている人がいたんですが、なんで私が知らない人の退屈しのぎの相手にならなくちゃいけないんだ、って思っちゃいました。婚活はおろか、恋する気もないだろうし、楽しませる気もない感じ。会いたいなんていう気持ちが微塵もわきません」(33歳 派遣 )

「“楽しい人生を送りたいと思っていろいろチャレンジしていますが、結局、ゴルフとサウナとジム通いの毎日で刺激がありません。あなたもそうじゃないですか?”って書いてあったのを読んで、語りかけてくんな、って思っちゃいました(笑)。なんか起業セミナーの誘い文句みたいだし、私がつまらない人生送っているって決めつけられている感じがして不愉快でした」(32歳 会社員)

「“些細なことでも幸せを感じるのでだいたい笑顔です。単純なんでしょうね(笑)”、“長所は運がいいこと。おすそ分けしたいです(笑)”な未婚の50代の方から“いいね”をいただいたんですが、休日の過ごし方って自分で項目立てしているのに“特になし”って(笑)。何もしなくても幸せな人なんだろうけど、それに付き合う気にはどうしてもなれませんでした。特にないなら書かなきゃいいし、プロフィールなんだから、考えて書くべきでは、とも」(37歳 派遣)

☆☆☆

マッチングアプリのプロフィールは就職・転職の履歴書と同様、必要な情報を書くべきなのですが、「恋愛」というフィルターがかかってしまうからか、オフィシャル性が損なわれ、愚痴や自慢がないまぜになりやすいようです。しかし、読む側としては、それをくみ取って許してあげるほどのやさしさを出す気にはなかなかなれません。母数が大きいから、そういう人にも出会っちゃう。けれども、そうじゃない人のほうが多いから、「あらあら」とは思うけれども、かまってもいられないんですよね。それがマッチングアプリのリアルです。

「そんなんじゃ、ダメだよ!」って言ってあげたい気持ちにもなってしまうけど言わない。

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。