コラム 【もやもや】フライングか「してやったり」か。ベッキー、ゲス川谷が離婚したってよ~その2~

離婚

「結婚って一方に愛情がなくなったら、もう一方に未練があっても回避できない制度なんですか」と聞かれるとそうだねとしか。

川谷さんの離婚報告を「既婚後出しゲス男でもちゃんと離婚する人はする」というある意味ポジティブに受け止めている不倫中アラサーに、どう歯止めをかければいいのかを考えている今週の「女のもやもやセラピー」。夫から「嫌いになったから離婚したい」と悲しい暴言を吐かれた経験のある女性にインタビューさせていただきました。

☆☆☆ 

お一人目は、34歳 映像製作会社に勤めるA子さん。4歳年下の旦那様と結婚して2年目。現在、暴言吐かれ中の女性です。

「友だちの紹介で知り合って、1年ほどお付き合いして入籍しました。彼が離婚したいと言い出し始めたのは結婚して半年ごろからです。もう耐えられないって。自由がぜんぜんない、一緒にいるとイライラするって言われました。悪いところがあれば直すっていったんですけど、全部、って」

――それでも離婚はしたくないんですね

「ほかに女がいるみたいなんです。本人は認めないんですけど、休日出勤するって出かけて帰ってきた財布の中にテーマパークのチケットが入っていたり、シャツの襟に口紅が着いていたり。今離婚したら、その女の思う壺だから、絶対にイヤですね。妻は私であんたは遊びなんだと思い知らせてやりたいって気持ちが強いです」

――それってもう、A子さんも彼のこと好きではないのでは……。

「好きですよ。彼、本当はすっごくいい人なんです。友だちもたくさんいるし、信頼されているし。付き合っているときも本当にやさしくて。そのときの彼が本当の彼だと思っているんですよね。以前、浮気していたときもすごくひどいこと言われまくったんですけど、その女と切れたら元の彼に戻ったので」

――初めてじゃないんですね……。

「共通の友だちからは、”女が原因とは思えない、ふたりの関係が問題だと思うし、彼がそんな苦しんでるなら修復は難しいから別れたら”っていうんですけど、言われれば言われるほど負けな気がして。私と離婚した後、彼がほかの女にやさしくしたり再婚したりするとか考えると気がおかしくなりそう。今は仲良しに戻る方法を模索中です」

 

1 2