コラム 【もやもや】大分女子マネのグラウンド入場は「女子だからダメ」の風潮に一石投じられるのか~その1~

じゃんぷ2

「ちょっとでもグラウンドに立てたんだからいいじゃない?」というところで話が終わらないといいなぁ。


心の奥底に澱のように溜まるもやもやを、上から目線でセラピっていく「女のもやもやセラピー」。今回のテーマは「女のレジスタンス」です。

大分県の夏の甲子園代表校の女子マネが、開幕前の甲子園球場練習中にグラウンドに立ち入り、大会関係者から退場を告げられたということが話題になっています。

もともと、高校野球は女子に排他的で、これまでも女子野球部員は公式戦に出られないとか、スコアボード担当の女子マネがベンチにすら入れてもらえないとかニュースになっていたこともあってか、大会関係者の「危険だから」という説明も女性差別! 時代錯誤! と大いに盛り上がっています。

とはいえ、高校野球のときの甲子園のグラウンドは、相撲の土俵や歌舞伎の舞台のようにむかーしから女人禁制っぽい位置付けにありました。だから、ヘンなのー、と思いながらも高校野球は「そういう文化でこれまでずっとやってきたもの」という認識でいました。

しかし、それが受け入れられる人がやればいいし、嫌な人は関わらなければいいんでは?  というのは、高校野球に『熱闘甲子園』は楽しみだけど特にどのチームにという思い入れはなく、たまたまテレビをつけたときにやっている場合は負けている方を応援する、という程度の温度しか持ち合わせていない私のような者の気持ちでしかないんですよね。このニュースが話題になったことで、当事者の方々におかれましては「高校野球が大好きだからこそ、“女子ダメ”ルールはおかしいと思う」と、常日頃もやもやしている人は多かったのではと、しみじみ思いました。そこで起こったこのレジスタンス。

1 2