コラム 【もやもや】朝ドラ『ぺっぴんさん』がつまらない…。独身アラサーOLがドラマにのめりこめない理由とは?~その1~

10月3日からスタートしたNHKの朝ドラ『べっぴんさん』。その日の視聴率は21, 6%と、2013年上半期の『あまちゃん』から8作連続となる初回20%超えを記録しました。

見る人に大号泣をもたらした『とと姉ちゃん』の最終週、主役の高畑充希さんがインスタグラムに投稿。収録現場で坂東すみれ役の芳根京子さんにバトンを渡す写真に、「とと姉ちゃんを見て下さった方はどうぞそのまま。見ていなかった方は新しく。がんばる芳根ちゃんを必ず、見てください」という愛らしいコメント。この投稿を見て『とと姉ちゃん』の終わりを寂しく感じながらも「次の『べっぴんさん』も楽しみにしていた」と言う人も多かった。しかし、2週目に入ったころから「つまらない……」という声があちこちから聞こえてきます。

意外、というべきか、平日働いているにもかかわらず、リアルタイムで朝ドラを見ている独身アラサーOLは少なくありません。

「子どもの頃からの習慣になっていて、朝ドラを見ないと一日が始まらない」「朝ドラを見て、『あさイチ』のイノッチと有働アナの“朝ドラ受け”を確認してから出勤するのが日課」と、朝ドラを生活の一部としてとらえている様子。年季の入った筋金入りの朝ドラウォッチャーだからでしょうか、朝ドラを見る目もシビアです。

独身アラサーOLの中で、一番多い意見は、「主人公に共感できない」です。

1 2