【もやもや】カトパンも倒れてフリー転身。アラサーが過労死しないで仕事を続けるにはどうしたらいいの?~その2~

【もやもや】カトパンも倒れてフリー転身。アラサーが過労死しないで仕事を続けるにはどうしたらいいの?~その2~

働く女性の仕事の仕方について考えている今回の「女のもやもやセラピー」。その2では、「どうして私たちはこんなに仕事に人生を奪われているんだろう」ということについて、あずき総研が独身アラサーOLにリサーチ。集まった意見を紹介します。

☆☆☆

一番多かったのが「上司のせい」。指示がはっきりしないせいで、仕事の効率が悪くなると憂う意見が続出しました。

「うちの上司はとにかく仕事の依頼が雑。その上、ほとんど席にいないから質問できない。模索しながら進めていると、終盤頃に“そういうことじゃない”とひっくり返されてやり直し。しかも、“あなたの仕事はムダが多い”とグチグチ。誰のせいで時間がムダになっているのか、考える能力もないのかと、腹がたちます」(電気メーカー勤務・26歳)

「アイデアがなく、できあがったものでしか判断できない無能認定必須の上司です。上の立場の人間の顔色ばかりうかがって、その人たちへの“俺、頑張ってます”アピールばっかりに時間を使って、作業が止まる。そのしわ寄せが全部私たちにくるんです。会社のために働いているというより、そいつのために働いているという現状がイヤになります」(不動産会社勤務・28歳)

「うちには、月間売り上げの目標数値が掲げられているんですが、その設定がまずおかしい。なにを根拠にその金額なのかの裏付けがなく、思い付きでは? という思いがぬぐえません。それが達成できたら上司の手柄になるわけですが、何の対策もなく、数字だけ挙げられても反発心ばかりが募ります」(IT関連会社勤務・30歳)

次に多く挙げられたのが、「チームにやたら張り切っている人がいるから」という理由。

「突発的に差し込まれた仕事を、サービス残業してでも無理な納期を飲む人がいるんです。その人のせいで、“頼めばやってくれる部署”という風潮ができてしまって。私は、お給料の範囲内でできることをするのが会社員だと思っています。でも、やらないとこっちの立場が悪くなる。で、結局やってしまうんですが、もやもやします。その人が一刻も早く別の部署に異動するように、寝る前に毎晩祈るくらいです」(製薬会社勤務・27歳)

「チーム内にすごい優秀な人がいて、みんな、その人の仕事の仕方にひっぱられてしまう。その人のせいで、自分のペースで仕事ができなくなるんです。しかも、その人が、帰り支度を始めないと他の社員たちは帰れない空気が部内に漂っていて……。自分のプライベートの予定を組むために、まったく関係ないその人の残業予定を聞く人がいるくらい。悪い人じゃないんですけど……はっきり言って迷惑です」(金融関連会社勤務・28歳)

「各々が、いくつかのプロジェクトを掛け持ちしています。その中のひとつのリーダーをやっている人がひどい。時間感覚が常軌を逸脱しているんです。先日も、クライアントから緊急の新規要望が入ったからミーティングを、という連絡が入って、その開始時間が夜中の12時。みんなが集まれる時間がそこしかなかったからっていう理由でしたが、そんな、12時って、集まれる時間として設定していい時間じゃないですよね。バカかと思いました。でも、みんな集まる。それがうちの会社です」(広告会社勤務・31歳)

「睡眠不足のせいで、数か月に何回か、顔が泥色になる人がいるんです。仕事量のバロメーターはその人が基準。“あの人がまだ平常だから、みんなはまだ働ける”みたいな感じになっているんです。いつか、倒れるんじゃないかと思っているんですが、意外と倒れないから、健康なんでしょうけど。でも、これから年を取っていったら体力は低下しますし、無理がたたってっていうことだってありますよね。死亡記事が新聞に載る前に仕事のやり方を改めるべきでは、と平社員ベースでは話しているんですが……」(IT会社勤務・30歳)

1 2
時短 恋愛 恋愛講座 貧困女子 浮気事件簿 結婚 美人探偵 婚活 恋愛運 アラフォー キャリア その1 浮気 金運 不倫 アプリ 占い 運勢 セカンド アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。