【もやもや】勝敗もタモリ&マツコの立ち位置も。謎の演出にもやもやしっぱなしの紅白~その1~

【もやもや】勝敗もタモリ&マツコの立ち位置も。謎の演出にもやもやしっぱなしの紅白~その1~

さらに、びっくりしたのが、りゅうちぇるさんの返答です。吉田さんは「自分磨きしているし、女の子らしいから、努力しなくても大丈夫」というようなことを言っていました。さすがに、この流れはひどくないですか。
いや、「そのままで大丈夫」はいいんだけど、その前の「自分磨きしているし女の子らしいから結婚できる」という文脈には、もやもやがとまりません。これ、逆に言うと、「自分磨きしないで女の子らしくない人は結婚できない」ということになってしまいますよ。それに、りゅうちぇるさんはよく、ぺこさんのことを「すごくかわいい」というけれど、それは好みの問題であって、ぺこさんが「何か」をしているからとか、「どこが」という具体的なものがあって好きなわけじゃないっていうことをよく言っています。だから、吉田さんが「結婚のために“わざわざ”“何か”を努力する必要はない」というのは、りゅうちぇるさんの本心なのでしょう。それはとても素敵なことだと思います。ただ、そこに余計なものをくっつけちゃっただけ。誰が?

大晦日の夜、振袖を着てわざわざ紅白出演アーティストの応援に来てくれた人を引き合いにだして、「どんな人が結婚できるか、できないか」って話を立ち話でして、公共の電波で流すってなんなんだろう、と思ってしまいました。
さらりと流させるつもりなら、それ相応の、誰にでもわかりやすい、親切な台本にしていただけないと。この手の問題は、1回ひっかかると気になってしかたないのです。
「自分磨き」という言葉も「女の子らしい」という言葉も、ついでに言うと「女子力を高める」とかいう言葉も。女性が自分で使う分にはアリなだけで、人から言われるともやっとしたりイラっとしたりするってこと、そろそろ気づいてほしいなぁと思う新年です。

そして、大混乱だった紅組勝利のエンディング。グダグダ進行による説明不足といった非難の声もありますが、関東エリアの瞬間最高視聴率は、司会の有村架純さんが紅組が勝った理由が分からずオロオロしていたこのシーンだったとか。しかも、その有村さんはたまらなくかわいかった。なので、これは失敗ではなく、NHKの狙い通りだったのでは、と思っているのですがどうでしょう。

あけおめ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

「1票の格差を改めて感じた」「あんなことがなければゲス乙女は出ていたんだろうか」。その2では、大晦日に家で紅白を見ていた独身アラサー&アラフォーOLに感想を聞いてみました。

1 2

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。

時短 恋愛運 恋愛講座 結婚 浮気事件簿 運勢 浮気 恋愛 美人探偵 iPhone アプリ 貧困女子 派遣 セカンド アラフォー 婚活 アラサー 金運 不倫 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!