コラム 【もやもや】吉岡里帆の「告白は子どものすること」にのけ反るアラサーは、何を武器に戦えばいいのか~その1~

「女のもやもやセラピー」でも初回を取り上げた『東京タラレバ娘』(日本テレビ)。30歳でジタバタしている主人公と同世代が「身に積まされて苦しいけど見ずにはいられない」と共感しながら肩を落としているさなか、元気なのはそのひとつ下の世代。ドラマの中に指針を見出して、アクセルを踏み込んでいます。

先日会った25歳の女性は「30歳になって主人公たちのような“タラレバ”後悔をしないように、毎週、女友達と脱タラレバ会をしている」と言っていました。

脱タラレバ会とは「仕事や人間関係の愚痴を吐き出すストレス解消目的ではなく、将来の目的に向けて何をすべきかお互いにアドバイスしあう建設的な女友達とのご飯会」なんだそう。25歳前の働く女性たちに流行っているそうですよ。

前出の彼女は、30歳までに子どもを産みたいとのことで、「逆算すると28歳くらいまでには結婚しないと、って思うんです。今すぐ結婚したくはないんですが、ぼやっと立ち止まっていたらタラレバ娘の3人のようになっちゃうのは確実。今から狙いを定めて行動しないと! ってみんなで誓っているんです」と鼻息荒く教えてくれました。「タラレバ娘の登場人物を、反面教師にしているんです」とも。

彼女にはお付き合いしている2歳年上の彼がいます。でも、その彼と結婚する気はないそう。

「好きは好きなんです。イケメンだし優しいところもあるし。でも、しょっちゅう給料が低い、仕事がキツイ、転職したい、ってグチるところがちょっと。お金で苦労しそうだなぁと思うと、彼の人生に飛び込む勇気がありません」とのことで、年収800万円以上の30代との新しい出会いをご所望です。

「実は、脱タラレバ会のメンバーには、私が望む生活レベルは年収800万円でも維持できないって言われているんですよ。でも、ネットで調べたら年収800万円以上の独身男性だって全体の数%しかいないっていうじゃないですか。だから、それ以上を望むのは、現実的じゃないと思って。私も仕事は続けるつもりだし。婚活サイトなどへの登録も検討しています」

立派です。でも、なんなんでしょう。妹世代(娘世代ともいう)彼女たちを頼もしく思う一方で、そこはかとなく漂うこの敗北感は。

大人は誘惑しろって言われても……。

1 2