コラム 【もやもや】禁断のマリアージュ。独身アラサーが猫を飼う前にちゃんと考えておくべきこと~その1~

2月22日はにゃんにゃんにゃんで「ねこの日」なんだそうです。

猫好きにとっては、猫の日だからと改めて考えずとも、猫は至上最強にかわいいものです。

そう思う人は全世界にたくさんいて、Facebookのタイムラインには何十万いいね! がつき、何百万回も再生された猫動画が次々と流れてきます。そして、自分は悶絶しながらそれを延々と眺め続ける。いくら時間があっても足りません。かわいすぎて出家したい、かわいすぎて仕事にならない、かわいすぎて……。涙さえ出てきます。猫がかわいすぎるばっかりに、このままじゃ引きこもりになってしまう……。人生が台無しです。

そう、猫のかわいさは破壊的です。にも関わらず、「猫を飼いたい」と言う働く独身アラサーは後を絶ちません。
飼ったことがない人はもちろん、実家などで過去に猫を飼っていて、その驚異的なかわいさをすでに知っている人も、です。身を亡ぼすとわかっていても、止められないその気持ち。それが猫の魅力、いや魔力なのだと言えましょう。

と熱く思っていたら、女のもやもやセラピーの担当女史に「そんな大げさなことじゃなく、ただ、侘しくて寂しいひとり暮らしの心の穴を埋めたいからなだけじゃないか」と言われました。

なんということでしょう。毎日散歩をさせなくていい分、犬よりお世話がラクそうといった程度の気持ちで猫を飼ったりなんかしたら、大変なことになるのは目に見えています。

現実的な面で、まずお金がかかります。
お徳用カリカリのペットフードでも、けっこうなお値段がします。そして、しっとりした缶詰フードを食べさせたときの我が猫の顔を見たら、もう、カリカリよりも断然、ずっとこっちを食べさせてあげたい! と思うのが人情です。しかし、これ、普通に高いです。

そして、生き物なので、病気になったりケガをしたりします。民間のペット保険はありますが、当然のことながら健康保険は適用外です。自分は、動物病院に通院するだけのために、ゲージが乗る荷台つきの自転車も買いました。もちろん、その間の仕事のスケジュールはメタメタ。収入にも影響します。これはフリーランスに限ったことではなく、「猫の世話のために、すべての有給休暇を消化してしまった」という会社員アラサーも実在するのです。

気軽に旅行にも行けません。以前、海外出張のときに、ペットホテルを利用しようとしたことがあります。でも、ゲージに入れられたほかの子たちの顔を見たら悲しくなってきて、うちの子にはちょっと無理かも……と留守宅対応のペットシッターを頼みました。これがまぁ、なんとそのときの海外出張のギャラと相殺されるほどのお値段。キビシー!

このように、脱貧困を目指し、節約節約! と生きている状態のときにペットを飼うというのは、かなりデンジャラスな行為といえましょう。猫さまを貧困の道づれにしてはいけません。

それに、ひとり暮らしの自由度もかなり制限されます。猫は余裕資金があって、はじめて飼うかどうかを考えるべきものなのです。そして、一生を捧げる覚悟がないとダメです。

男性は猫を飼っている女性を敬遠する!?

1 2