コラム 【もやもや】ブルゾンちえみより平野ノラのほうがモテるって? 横澤夏子は? 女ピン芸人から好感度テクを盗みたい~その2~

「あ~! 女に生まれて、よかった! 効率的な仕事ぶり、充実した私生活。キャリアウーマンです!」のブルゾンちえみさんが、アラサー女性に人気の一方で、同世代の男性からはイマイチ「よくわからん」「嫌い」「イラつく」というご意見チラホラ。せっかく好感度テクを学ぼうとおもったのになんで? ということで、その2では、男性の意見に首をつっこんでみたいと思います。

その1はコチラ

☆☆☆

「テレビで本人が、あのキッツいメークを日常でもしてるって言っていて、正直、引きました。日本人は遅れているだけで、海外ではあのメークの評価が高いって自慢していたけど、それならそれで。あっちもこっちに興味はないんじゃないですか?」(IT関連会社経営・32歳)

「同じようにケバいメークをしている女芸人で言ったら、平野ノラのほうがかわいげがある。人がよさそうだし、あのボディコンもメークも芸のためのコスプレという感じがするから。ブルゾンちえみは、本気で自分をいい女だと思ってそうで生意気」(メーカー勤務・35歳)

「あのメークを本気でいいと思っているんですよね。わかんないです。あれはブス隠しメーク」(百貨店勤務・29歳)

イモトアヤコさんの極太墨眉しかり、一般の男性にとって、女性のメークはおてもやんのようにおもしろおかしく見せるものか、スッピンを整えるものでしかなく、とことん描き込んで美人に化けるものとしては認知できないご様子。『パルプ・フィクション』のユマ・サーマンみたいでカッコいいのに。

「あるあるネタとしてはわかるけど、男はチョロイっていう考えの、女性のイヤな面を表現したあるあるですよね。笑えないです」(製薬会社勤務・39歳)

「大勢が出演しているトーク番組でも、他の人を押しのけて前へ前へとでしゃばってくる感じ。その点、平野ノラは謙虚。でもちゃんと、タイミングを狙っていて、話を振られれば即座に返す。賢い女性なんだと思います。僕のまわりでは、彼女のほうがずっと人気ですよ」(広告会社勤務・34歳)

1 2