【もやもや】ブス、デブ、ババア、そしてバカ。一生付きまとう4B悪口に女はどう向き合うべきなのか?~その1~

【もやもや】ブス、デブ、ババア、そしてバカ。一生付きまとう4B悪口に女はどう向き合うべきなのか?~その1~

ドラマ『カルテット』(TBS)第9話の、大人の男女のあたたかくもやさしい物語にもらい泣きしつつ、こういう人間関係が築けるようになれるのも、酸いも甘いもかみ分けてきた大人ならではなんだよなーと生きる希望の灯をともそうとした矢先、目にしたのがデイリー新潮の「『情熱大陸』プロデューサーが吉田沙保里に暴言 ディレクター激怒」の記事です。

これは週刊新潮の3月9日号に掲載されている記事の転載で、『情熱大陸』(MBS)の吉田沙保里さんの回を担当したAさんというフリーのディレクターが、Bさんという社員プロデューサーの発言に怒って番組を卒業した、という話を紹介しているものなのですが。
なんだか、どっと疲れが出るような、脱力が極まりない内容でございました。

番組制作に携わっていた別のスタッフであるCさんが、試写の感想として、「吉田沙保里さんがとてもかわいく見えた」というような発言をした。
それに対し、Bさんが「じゃあ、Cさん、イケるんですか~?」と返した。
これにAさんは激しい怒りを感じるとともに深く傷ついた、とのことで、その胸のうちと顛末を事細かに書いた上で「あなたとはもう一緒に仕事はできないのでやめます」と、関係者をCCに入れて本人にメールした、と。うむ。

いい年をした大人の男性が「なんだよ~。本気でかわいいって思うなら、じゃあお前、付き合えばいいじゃ~ん」という、アホな小学生のような軽口を言っていると知るのは、男性との友好な人間関係を望んでいる女性として、非常にガッカリです。でもまぁ、私たちがいないところで、男性たちがそういうことを言っているんだろうなぁということは薄々こっちも感じているわけですが。

「ブスのくせにおしゃれしちゃって」「デブのくせにそんな食べちゃって」「ババアのくせに若作りしちゃって」「バカなくせに張り切っちゃって」

ブス、デブ、バカ、ババアという4B悪口は破壊力が高く、女性に与えるダメージは絶大。そして、私たちは、そういことを陰で言われていたら嫌だなぁと、気にしながら、ときに怯えながら常に生きているわけです。でも、そう思われてもしかたがないという心当たりもある。
事実かそうでないかといえば、事実だったりするので。

私たちはブスでも少しでもかわいくなろうとおしゃれするし、デブでもおいしいものを食べたらSNSにアップするし、ババアになってもおばさんにはなりたくないと思っているし、バカでも仕事を一生懸命頑張って活躍したいと思っているから。

そして、きっと言っているんだろうなぁという、想像しているぶんには、まだ希望があるわけです。でも、実際に「言ってましたよ!」と聞かされて、やっぱり!と正解を喜ぶ気持ちにはなれません。むしろ、あ……それ、聞きたくなかったわ……となる。

そんなことだから、リアルに出会う男性よりも、テレビの中の高橋一生さんや松田龍平さん(しかも演じている役柄)に恋していたほうがよっぽど幸せや、と思っても致し方ないではありませんか。

Aさんご本人としては、「そういうこというのはよくない!」というスタンスなんでしょうが、それは余計な正義を振りかざす学級委員のようで、これまた小学生のよう。

もう、思い出すのです。学級会のときに手をあげて「あずきちゃんのおうちは貧乏だから、クラスのみんなで給食費を分担してあげたらいいと思います!」と発表してくれた友達とか、勇気を出して告白してフラれた男の子に「あずきちゃんがブスだからって、そんなに冷たくしなくてもいいじゃない! チョコレートくらい受け取ってあげればいいでしょ!」と怒ってくれた友達とか。
気持ちはありがたいけれど、そんなことしてくれなくていいのよ……と、そっと目を閉じたくなる状況を。

1 2
派遣 金運 美人探偵 結婚 ダイエット 仕事 占い 派遣女子 婚活 iPhone 時短 デート アラフォー 貧困女子 CITRUS 浮気事件簿 レシピ アラサー 恋愛 アプリ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!