コラム 【もやもや】生放送のステージ上で結婚宣言したNMB須藤凛々花に働くアラサーがもやもや。「いるよね、こういうヒロイン女子」~その2~

生放送のテレビ番組(しかも総選挙の結果発表)で、突然の結婚発表を行ない、ネットを中心に賛否両論が繰り広げられている須藤凛々花さんの一件。
その2では、あずき総研がアラサー&アラフォーに聞いた「私の周りの呆れたヒロイン女子」を紹介します。

確かに結婚はめでたいけどさー、発表する場の選び方って大事じゃない?というもやもやを抱えたその1はコチラ

☆☆☆

「大学時代からの仲のいい女友だち5人でつくっているLINEがあるんです。そこに、1年付き合っていて結婚するかもーとのろけていた男に妻がいたというA子からの泣きのメッセージが入って。話を聞くよーってことで、久しぶりにみんなで集まって飲みに行くことになったんです。

ポロリ涙をこぼしながら話す友だちを慰めたり一緒に怒ったりしながら、話を聞きました。

ようやく、1時間くらいたって、少し彼女に笑顔が戻ったかなーというところで、遅刻のB子が登場。
最初はB子も、“大変なときに、ごめんねー”と言っていたんです。でも、A子が、“みんなのおかげで少し落ち着いてきたから大丈夫だよ”って言ったとたん、“実は、結婚することになって、今日遅刻しちゃったのも、彼と婚約指輪を選ぶ約束してたからでー”と爆弾発言。

一瞬、シン……となりました。“私も、あ、そうなんだ……おめでとう……”とは言いましたけど、かなり動揺しました。でも、B子はニコニコ顔。

別の子が、“それ、今日言わなくてもよかったんじゃない?”ってB子を窘めたのですが、B子は、“だって、A子も大丈夫だよっていうし……”ってブツブツ。A子も“私のせいで、空気が重くなるより、ハッピーな話があったほうがいいよ”って言って、“どんな指輪にしたのー?”とかB子に話を振ったりして……。結局、B子以外の子でシャンパンを入れることにして、“B子おめでとう!”の乾杯までしました。

友だちが不幸のど真ん中っていうときに平然と自分の結婚話ができる女って頭の中、どうなってるんですかね。人としてどうなのっていう気持ちを、どこにぶつけていいのかわかりません」(電機メーカー勤務・30歳)

結婚報告は祝福されるタイミングでしてもらいたい

1 2