コラム 【もやもや】男女の別れの瀬戸際で荒れる女ーー。松居一代劇場を独身アラサーが淡々と眺める理由~その2~

これから、どんな展開になっていくのか。フェードアウトという結末だけはやめてほしい(つまらないから)と、生暖かい目で松居一代劇場を眺めている今週のもやもや。その2では、あずき総研がアラサー&アラフォーに聞いた「私の別れの瀬戸際」について紹介します。

「崖から転がっていく石をただ、ぼんやり眺めているような気持ち」アラサー&アラフォーの松居一代劇場の味わい方ははコチラ

☆☆☆

「この前まで、つきあっていたA男という男。束縛が強くて、LINEで“俺のこと好き?”とか“今何してるの?俺のこと考えてた?”とか、やたらとメッセージを送ってくる。最初のうちは、私も好きだったので、こまめに返信していたんですが、だんだん面倒くさくなってきてしまって……。

A男との別れの瀬戸際はLINEです。バイバイ、お休み、っていうやりとりして、あー終わったと思ったら、“あー、眠れない”“みーちゃん(私)に会いたい”“今から行っていい?”“ああ、でも電車がないか”とかもう、次々と。だんだんイライラしてきてしまって、“ごめん、ちょっと、もう無理かも”と返信して、そのままブロックしちゃいました。

そしたら、メッセンジャーに“なんで既読にならないの?無視?まさかブロックした?”ときたので、そっちもブロック。それで寝ちゃったんですが、朝起きたら私のtwitterのアカウントに、わざわざリプライで“バカ女、裏切者”と届いていました。ダイレクトメッセージではなく。あと、インスタのコメント欄にも(笑)。私を陥れたかったんでしょうね。

もちろんブロックしましたが、わざわざ別アカを使って話しかけてくる。それが、脅しだったり、泣き落としだったり。もうこの人、ダメだなぁと思いました。友だちが“こういう男は1回でもかまったら調子に乗るから”と気を遣ってくれて、“通報しますよ”とリプライかけてくれたらそれっきりになりましたが、ほうぼうで私の悪口を言っているみたいです。

執着が強い人って、面倒ですよね。その分、情に厚い人ではあったんですが……。私も、A男の気持ちを汲んで、もうちょっと別の方法で別れたらよかったかな、と思わなくもありません。ただやっぱり、次は冷たいっていうくらいサッパリした人とつきあいたいですね」(IT関連会社勤務・28歳)

「会社で同じフロアだったD介と半年ほど秘密の社内恋愛をしていたのですが、突然、重い、別れようと告げられたんです。でも、私はどうしても別れたくなくて。LINEも未読スルーだし、電話もでてくれない。しかたなく、毎日、オフィスから出る彼の帰りを待ち伏せしていました。

10日くらいして、ようやくひとりでビルから出てきた彼に会えて。話しかけたんですが、当然のように無視。腕をつかんだら“人が見ているでしょ”と私のほうを見もせず言われ、振りほどかれました。そして、そのままタクシーに手を挙げて乗り込もうとするので、とっさに、“いやだ、行かないで~”と彼の脚にしがみついたんです。

そしたら、タクシーに乗せてくれました。心の中で、やった!と思いました。ここで私が一生懸命に説得すれば、きっと気持ちを戻してもらえるって。私のことを好きだったんだからって。でも、全然でした。“ね、君には、こういうことをする資質があるんだよ。まぁ、それがかわいいと思う人もいると思うから、そういう人にしな。俺は無理”とバッサリ。“私はあなたじゃなきゃ嫌なの!”とすがっても、“ほんと、自分勝手だよね”ってため息交じり言われるだけ。人格を全否定された気持ちになりました。

結局、彼は次の異動で別ビルの部署に行き、接点もゼロに。こうやって、思い出しながら話していても、辛いですね。自分が追い詰めたせいで、言われなくてもいいようなことまで言われちゃって余計に傷つけられたという……。ただ挽回したかっただけだったんですが、大失敗だったと思います」(出版関連会社勤務・29歳)

1 2