コラム 【もやもや】「かわいいおばさん」…不倫会見でも叩かれない“斉藤由貴っぽさ”は独身アラサー女子の手本になるか~その2~

 「自分勝手なことをしてるのに、周囲に嫌われることなく、おいしいところを持っていくのは、たいてい斉藤由貴みたいな女ですよ」と、もやもやしている今回の女のもやもやセラピー。不倫=ダメってことになっているのに、やたら叩かれる不倫とスルーされる不倫があるのも不思議ですよね。なんで? ということで、その2ではあずき総研が働くアラサーのみなさんに聞いた「うちの会社のプチ魔性女」を紹介します。

見た目と既存キャラでシールドかかってる斉藤由貴って実は羨ましくない? っていう話はコチラ

☆☆☆

「私の会社に元いた女性。今はフリーランスで、もう50歳を超えているんですが、男が切れない。この前まで付き合っていた彼氏は、20代の国家公務員だったそうで、別れた理由が“もう、大人になりすぎて、育てる魅力がなくなった”からだと。

今は、“年収2000万以上の男を大募集中なの” とうそぶきながら、マスコミ関係や士業の友達と飲み歩いています。

1度、その飲みの席に連れて行ってもらったんですが、そのときに先輩の態度が、私たちといるときと全然違っていて本当に驚きました。下ネタ全開なんです(笑)。

仕事のときや、女性だけで飲むときなどは、サバサバしているキリリとした雰囲気の女性なんです。それが、“ エッチのときに使う本格的なコスプレを10着持っている” とか“サイズじゃなくて、硬度よ”とかニコニコしながら真面目な顔で言うんです。

うまいなぁと思ったのは、常に聞かれたら答える、というパターンなんです。男性陣はゲラゲラわらっているけど、そこでも真面目な顔して、“ん? おかしい?”とかキョトンとしている。これか!と思いました。ダテに20年以上、PR業界で生き抜いてないよな~と感動したくらいです。自分ができるとは思えないですけど」(PR会社勤務・28歳)

「42歳の課長職の女性が、別の部署の30代の既婚男性と不倫していたんです。社内で問題になったのですが、女性のポストはそのままで、男性のほうが支社に飛ばされました。

ウワサですけど、男性が、“彼女は優秀だから、自分が身を引くから彼女のポストはそのままに”と人事に交渉したそうです。男性には子供もいたから、いきなりの転勤で、奥さんにしてみたらたまったもんじゃないと思うんですが、課長やるよね~と話題でした。

課長の見た目は地味でおとなしそうな感じです。ただ、もちろん、課長になるくらいなので優秀。そのギャップがいいんですかね……。自分の人生犠牲にしてまで惚れられるって、すごいですよね」(広告会社勤務・27歳)

プチ魔性はボディータッチがうまい

1 2