コラム 【もやもや】「かわいいおばさん」…不倫会見でも叩かれない“斉藤由貴っぽさ”は独身アラサー女子の手本になるか~その1~

卒論待ちのゲス不倫から始まり、以来、雨後の筍のように続々スクープされ、非難の的になる有名人の不倫報道。今度はアラフィフ世代の青春のど真ん中、往年のアイドル・斉藤由貴さんです。

6年前の激太りから11kgのダイエットに成功、黄金期の美貌を彷彿させる姿で連続ドラマや人気CMに多く出演する斉藤さん。再ブレーク真っ只中の女優さんだけに注目度は高く、案件的にも大型です。

しかし、この直前に週刊誌に恋人つなぎ写真が掲載され不倫否定会見をした今井絵理子議員に比べ、斉藤由貴さんへの世間の反応やまなざしは、全体的にやさしい。

なぜなのか。

「そんな人だと思わなかった」という“裏切られた感”がないからでしょうか。

アイドル時代の斎藤さんは、“清純派”。でも、たとえば『スケバン刑事』つながりで言っても、無邪気に明るく、アイドルらしくキラキラしていた南野陽子さんや浅香唯さんとは違う雰囲気を持っていました。人から「ちょっと変わっている」と言われがちな文学的な女の子、というイメージです。

与えられる歌も、涙は卒業式よりも哀しい瞬間に取っておきたいから泣かないとか、片思いの男性を思いながら私は自分勝手で愚かで無口な女の子ですかと自問するとか。ちょっと面倒くさいというか、複雑です。そこがよかったのです。

彼女と同じ時代を生きてきた50代の男性は「尾崎豊との一件の衝撃が大きすぎて、この程度のことでは何の驚きもない」と言っていました。

当時、尾崎豊さんはカリスマ的な人気を誇る天才的なアーティストでしたが、人間的にはとてもとても繊細で複雑、ということでも評判でした。「そんな男と付き合える斉藤由貴」。只者であるわけがありません。

また、尾崎さんとの関係を聞かれた斉藤さんが答えた「例えるなら、同志」も、只者じゃねぇ感がハンパなく、今をもってアラフィフ世代に強いインパクトを残しています。

斉藤由貴は不倫しちゃうカテゴリー

1 2