コラム 【もやもや】「ナイトプールで泳がない女」に批判続出!インスタ消費女子はなぜ嫌われるのか~その2~

「ナイトプールで泳がない女」「レストランで自撮りまくる女子とバカカップル」の台頭で、やり玉に挙げられているインスタ映え族にもやもやしている今週の女のもやもやセラピー。その2では、あずき総研がリサーチした独身アラサー&アラフォーの「イラつくインスタ映え族」を紹介します。

インスタ映え族の衰退は目前かも。それまで生暖かい目で見守ってみるのは、どう?というインスタ映え好きからのご提案はコチラ

☆☆☆

「“テレビに登場して、インスタ映えするから~”とか“いいね!がたくさんもらえると嬉しいからもっとかわいい写真を撮るために頑張ろうって思う”とかっていう発言をする素人の女性って、軒並み頭が悪そうなところがイヤです。同じ世代の女性として恥ずかしいです。こういう人たちがいるから、いつまでも社会での女性の立場が低いままなのだと思います」(地方公務員・33歳 )

「私もかわいいものは好きだし、センスのいい人のインスタの写真を見るのは好きです。ローラとか。でも、素人が芸能人気取りで、日々のどうでもいいような食事の写真を投稿して、『 #ていねいな暮らし』『#インスタジェニック』『#写真好きとつながりたい』とかハッシュタグをつけているとウェ~って思います。なんか、さもしいっていうか。あなたに憧れる人なんていないのにって。どういうマインドなんだろうって考えると、なんか、悶々としちゃうんですよね」(不動産会社勤務・31歳)

「気取ってるところですかね。普通に、写真映えって言えばよくないですか?マスコミがインスタ映えとかSNS映えとかいうのは、まぁ、しかたないとして、一般人が業界用語みたいな言葉を使うことに下品な感じがします。メディアに踊らされている感がダサいというか。

私もインスタをやっていますし、どうせ撮ってポストするんだから、見る人にも役に立ったり、喜んでもらえるようなかわいい写真を撮りたいと思います。でも、それを“インスタ映えするね~”“インスタ映えだね~”って言われると、バカにされている気になります。普通に、かわいいねって言うだけでよくないですか?」(PR会社勤務 29歳)

滅びてしまえ!完食してデブになれ!……インスタ族へのもやもやは尽きません

1 2