コラム 【もやもや】「ナイトプールで泳がない女」に批判続出!インスタ消費女子はなぜ嫌われるのか~その1~

インスタ映えがピンチです。かなりの広範囲で嫌われています。

周囲でも、「インスタ映えっていう言葉が嫌い。なにそれバカみたい」「朝の情報番組で、商品やスポットが紹介されるたびに司会者のアナウンサーがいちいち“インスタ映えしそうですね~”とコメント差し込んでくるのがうざい」と、もやもやを超えてイライラを募らせる声が右から左から飛んできます。

インスタ映えインスタ映えと唱えている人は五月蝿(うるさ)い、うっとうしいと蔑まれ、“映え”と“蝿”をかけて、「あいつらはインスタ蝿だ」なんて、誰がうまいこと言えといった、みたいな状況すら出来上がりつつあります。

大変困った。

「インスタ映え」とされるものは、かわいくておしゃれでロマンチックです。年齢問わず、一定数の女性が好む大好物要素を備えています。困った、と書く私も、当然その“一定数女性”の一員です。

「インスタ映え」が流行ったおかげで、「インスタ映え」がなければきっと一生知らなかった、かわいくておしゃれでロマンチックなものをたくさん手に入れました。

ラウンドタオル、パイナップルの大型フロート、コブヒトデが付いたニットクラッチ、あーメイソンジャーも買ったなー、10個くらい。

人気コーヒーショップの超絶ハイカロリードリンクや、沖縄の絶景スポットを知ったのも、インスタ映え族のみなさんが身銭を切って東奔西走し、上手に写真を撮っては公開してくれたからです。

「インスタ映え」が流行ったおかげで、欲しくなったり行きたくなったりする場所が増えもしました。
過疎や天災や風評被害に悩まされている地域も、インスタ映えする場所を見つけたり作ったりして観光客を戻しているところもあります。

「インスタ映え」は新しい消費のスタイルです。

寺山修二が『書を捨てよ、町に出よう』と提唱してから50年あまり。女性たちは書を捨てて街に繰り出し、体験を表現しています。これ、憂うべきことでしょうか。書(雑誌)が読まれなくなったのは非常に残念ですが。

ひと昔前、女性ファッション誌で多用していた限定&ラスイチも、女性の消費行動に大きく貢献しました。でも、それは“モノ”が中心。「インスタ映え」はより広く、コトやエリアにも活用できます。これって、すごいことじゃありませんか。

マスメディアが「インスタ映え」と言い出したら、もうすぐ終焉の兆し

1 2