コラム 【もやもや】勇気だしたのに「告ハラ」扱い!?独身アラサーOLは「付き合って」って言っちゃダメなの?~その1~

先週あたりからネットを騒がしているワード「告ハラ」。きっかけは、ビジネス系マガジンのコラムですが、周囲の独身アラサー&アラフォーの間では、かねてから「2~3回あった程度の、どうでもいい相手からいきなり告白されて驚いた」という話が出るたび、冗談まじりに「そりゃ告ハラだね!」というような使い方をされていました。

ここで語られている告ハラも、今、ネットで話題になっているのと同じように「告白ハラスメント」という意味で使っています。
いきなり告白してくる人や行為を「告テロ(告白テロリスト)」と呼んだりする場合もありました。

しかし、それは、酒の席やランチタイムの世迷言、といった風情を醸すものです。本当に迷惑で、深刻な精神的ダメージを受けるものという扱いでは決してありませんでした。

しかし、今回は、なんだか深刻です。

その記事では、例として「彼氏がいると告げていたのにも関わらず、複数いる酒の席で3回ほど会った知り合い程度の人から告白されて断ったら、告白しない後悔よりする後悔を選んだと言われて恐怖した」という話と、「職場の上司からいきなり告白されて断ったけれど気まずくなって業務に支障がでている」という話があげられていました。

そして、結論として、相手の気持ちやそのあとの状況についての配慮をせずに告白するのは、未熟で自分勝手な行為でハラスメントである、と読めました。

確かに、「こちらがまったく興味を持っていない人から好意を伝えられると、多少でもイケると思われたのかなと思って凹む」という声もありますし、「なんでお前が? という相手から好意を向けられると、私と付き合おうと思うなんて100万年早いわ! と腹が立つ」という気丈な女性もいました。でも、むしろ「たいていの告白は、いきなりだし、想定外のことのほうが多い(だから残念なのだけど)」という声の方が圧倒的です。

また、「彼氏がいるときに飲み会に行くのは、女友達との付き合いや仕事の人脈を広げるためというのもあるけれど、彼以上の人と出会えれば乗り換えたいと思う気持ちがないわけではない」「彼氏がいるといっているのに口説いてくる相手は、自信があるんだと思う。彼と別れてそういう男性と付き合ったこともある」という独身アラサーもいます。コラムの彼女は本当にイヤだったかもしれませんが、(相手によるが)ウエルカム、という女性も一定数いるのです。

そして、コラムは女性に対する男性からの告ハラの話でしたが、女性だって、告ハラ加害者になる場合が多々あります。

1 2