【もやもや】斉藤由貴の不倫相手から考える、「劣化を受け入れてくれる男」と「改善してくれる男」。女にとって幸せはどっちだ!~その1~

【もやもや】斉藤由貴の不倫相手から考える、「劣化を受け入れてくれる男」と「改善してくれる男」。女にとって幸せはどっちだ!~その1~

もうみんな、キス自撮りとか、流出したら人生詰むような写真とか、撮るのやめませんか。そのときは、「その場のノリ」でも「冗談のつもり」でも、数年後に「地獄見る」ことになるかもしれないですよ。

とくに、キャラ違いはまずいです。せめてW不倫でなく、生粋のバカップルだったら、「中年になってもパンツ被って写真撮るのが面白いのかー」……など、笑えるところも見つけられたのかもしれませんがーー。
W不倫疑惑の渦中にいた斉藤由貴さんが、お相手の方とほぼ同じタイミングで、それを事実と認める発表をマスコミに送りました。これで限りなく黒に近いグレーから真っ黒になったということになります。

口火を切ったのは、斉藤由貴さんのお相手の一般の方。

彼が自らインタビューを望んだとスポーツ紙で報道され、情報テレビ番組にVTR出演したことについて、周囲の女性アラフォー&アラフィフは非難気味です。

「疑惑の時に取材されていた際のイラつく話し方を観たときから、この人、テレビに出ない方がいいと思っていたけど、あの男、喋りすぎ。あんなにペラペラと。うざい」
「謝らなければいけないのは家族だけ、ってわざわざテレビで言うのなんなの? ただの出たがりな気がする」
「家族に謝ったけどこっちはズタボロ、って知らんがな。斉藤由貴への未練タラタラだし。別れることになっちゃったから、かわいさ余って死なばもろともってこと?」

写真週刊誌に自撮りでは?と憶測されるおふたりのキス写真が掲載され、さらにパンツ被り写真まで……という直前で、斉藤さんとの相談があった上での行動だったのかもしれません。でも、テレビ出演も、その中でのコメントも、斉藤由貴さんをさらなる窮地に追い込んだような印象を受けました。

そりゃ、不倫はダメです。ダメなんですけど、それは、当事者間の中でダメってこと。政治家や芸能人ならいざしらず、一般の方が世間にコメントする必要があるんだろうかしら、と思ってしまいます。相手が有名人がどうかを置いておいても、第三者の、無関係の他人にペラペラと。終わった恋愛の話をするのって、どうなのかなぁ…。

認めるんであれば素直に認めて、「申し訳ない」のひとことで十分だと思うんですが。世間的には。

だがしかし。この「お相手の人」がおしゃべりなおかげで、ふと、心にもやもやが浮かびました。
「劣化を受け入れてくれる男と、改善してくれる男、女にとっての幸せは、どっちなんだろう」と。

月日の経過と共に感じられる「劣化していく自分」

1 2
アプリ アラフォー ダイエット 時短 iPhone レシピ アラサー 占い デート 派遣 浮気事件簿 美人探偵 結婚 婚活 CITRUS 恋愛 金運 恋愛講座 派遣女子 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!