【もやもや】残業159時間。31歳NHK女性記者過労死から働く独身アラサーが学ぶべきこと~その1~

【もやもや】残業159時間。31歳NHK女性記者過労死から働く独身アラサーが学ぶべきこと~その1~

4年前2013年の7月に、心不全で亡くなった31歳女性記者の過労死が話題になっています。

周囲でも、「亡くなった彼女、結婚する予定だったんでしょ……」「翌月から別の部署に異動が決まっていて、亡くなったのは送別会の翌日だったんだってね……」「ずっと忙しかったうえに、都議選と参議院選でさらに寝る時間がなかったんだって……」などと、働く独身アラサー&アラフォー同士、しめやかな会話が続いています。

「こんな忙しい時期もあと少し、一時的なものだから大丈夫」「これからは新しい人生が始まるんだから」という前向きな気持ちで、無理を押して頑張ってしまったのかもしれません。

そして、送別会で仲間と会って話したことで張り詰めた気持ちが少し緩んで、気力だけでもっていた体が悲鳴を上げてしまったのかもしれません。

そういう気持ちを、そして状況を、私たち働く女性はすごくすごく理解できます。それは彼女と似たような生活を送っているからです。

誕生日の翌日、おめでとうのメールを送った彼女のお父様は「ありがとう。忙しいしストレスは溜まるし、1日1回は仕事を辞めたいと思うけど、踏ん張りどころだね」というメールを受け取ったそうです。お父様への気遣いもあったのかもしれませんが、「ちょっとした愚痴」のようにも受け取れます。

私の周りにも、「もーやだ!やりたくない!寝たい~!」と叫びながら仕事をしている子がたくさんいます。私はそれを聞いて、半ば笑いながら「はいはい、頑張れ」と流してしまいます。私もそう思うことが、この年になってもちょいちょいあるからです。

「やってられっか」と思いながら、叫びながら、でも、やるんです、結局。無理すればやれちゃうから。

私の場合は、「おやおや、ちょっとおかしいぞ?」から「いよいよまずくないか?」となって、念のため病院に行ってみたらうつ病の手前の「うつ傾向」と診断されたあとからは、やらないように「気を付ける」ようにはなりましたが、「危なかった」と思います。

先日は、テレビで朝ドラの主演をしていた20代の女優さんが、撮影ラスト1か月にスタッフの方から“もう少しだね、よく頑張ったね”というようなことを言われた瞬間に感情があふれ出して涙が止まらなくなって「もうやだ、辛い、やめたい、やりたくない、おうちに帰りたい」と泣きじゃくってしまったというエピソードを「今だから言える話」として語ってもいました。

それをテレビ番組で語れるという時点で、「大変だったんだねー」で括れる話になっちゃっているんですよね。

「こんなに精神を追い詰められる仕事があっていいわけない」という議論にはならないんです。

その根底には仕事も朝ドラの主役も楽なわけがない、「大変なのは当たり前」というベーシック認識があると言えます。そして、同時に、頑張ったね、えらいね、すごいね、という評価は、「そこまで頑張らないと得られないもの」としてインプットされてしまう。そのことが、働く女性をよけいに追い詰めているような気がします。それが、「働きすぎ」を生むのではないでしょうか。

真面目で優秀な人ほど陥る「頑張りスパイラル」

1 2
セカンド キャリア アラフォー 婚活 恋愛運 浮気事件簿 貧困女子 アラサー 占い アプリ 恋愛 時短 その1 不倫 恋愛講座 運勢 結婚 金運 美人探偵 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。