コラム 【もやもや】「今年も結婚しないで終わる…」年を取るごとに1年があっと言う間に過ぎるのはなぜ?~その1~

いや~、もう11月ですよ。

周囲でも「え、ということは、今年ももう終わりってこと!?」「この前まで8月だったのに……」と、ザワザワしはじめています。

出版社の月刊誌チームはすでに1月号の佳境だし、テレビ局系は年末年始の特番収録がスタート、Suits WOMAN含め、毎日更新しているWEBメディアは、お正月休みの調整が視野に入ってきます。「ウソでしょ」「マジか……」「どうすんの?」と心が騒めく11月1日です。

「本気で婚活やってたのに、今年も結婚しないまま終わっちゃいますよ!」と逆切れしている独身アラサーもいますが、冷静に考えれば、まだ11月。2017年はあと2か月まるまる残っていますし、筆者の隣で「終わりじゃないですよ!クリスマスまでに結婚を視野に入れられる彼氏を見つけて結婚しますよ!」と意気込んでいる独身アラサー(越え)もおりますから、ため息ばかりついているわけにもいきません。

しかし、どうしてこう「今年もあっという間だったな~」と思ってしまうんでしょう。

有名なところで、『ジャネーの法則』というものがあります。
筆者は学生時代に心理学の授業で知ったので、うろ覚えですが、ざっくり言うと「時間の心理的な長さは、年を取れば取るほど短くなる」というもの。過去の期間を振り返ったときに「長いな」と思うのは、年齢に反比例するという考え方です。

20歳の人の1年は一生の中で言うと20分の1。一方、40歳の人の1年は40分の1。20分の1より40分の1のほうが少ないですよね。だから「短く感じる」っていう。まー、そう言われちゃえばそうなんだろうけどなーという感じじゃないでしょうか。

授業では「5歳の1年は5分の1だから、本人にとっては非常に長く感じる」という話がでてきて、5歳って記憶能力そんなあるかな……。“私5歳のときは1年長かったなーとか思わないけど……”と思ったものです。いや、心理学、好きですけど。

脳科学だと、また違うようです。

刺激を受ければ時間は長く感じられる!?いやいや、単なる老化!?

1 2