コラム 【もやもや】「チャラい」「軽い」「女好き」とレッテルを貼られる男が、なぜ社会で生き延びられるのか~その1~

今週の「女のもやもやセラピー」。テーマは「病的に女好きな男」です。

ゲス不倫男よりたちが悪いのが、この「病的に女好き」な独身男です。ゲス不倫男は、左薬指の指輪のあるなしをチェックしたり、周囲からの既婚者情報を得れば直ちに避けることができます。

しかし、「病的な女好き独身男」は独身であるという点で、婚活女子の視野に入ってくる男性であるとともに、女好きが「病的な」ほどなのかどうかが判断しにくいからです。

そう、婚活女子にとって、世の男性は「女嫌い」と「女好きか」の2択であれば、当然「女好きじゃないと困る」のです。独身の男性には、ぜひとも3次元の女性を好きであって欲しい。だから、女性が好き、というのはいいんです。問題ないんです。

しかし、「病的」なまでにとなると、女嫌いと同じくらい困りものです。では「病的な女好き」とは、どういう程度のことを言うのか。限度を超えているというのはどのレベルのことを言うのか、というのが論点となってきましょう。

「病的なまでに女好き」略して「病女」……とするとメンヘラに難がある女子のように読めてしまうので、仮に「たっくん」としましょう。

たっくんは今、筆者の周囲で超絶嫌われている病的に女好きのアラサー男性をディスるときの筆者周囲だけで通用するあだ名です。たっくんの啄は石川啄木の啄。病的に女好きでクズの極みを生きた、明治時代の天才歌人に由来します。なぜ彼が「病的に女好き」と言われるかというと、理由は5つあります。

まず、「“1テリトリーひとりの法則”を守らない」
そして、「合コンの翌日に有給休暇を取る」
さらに、「女性と揉めると翌日会社に来ない」
しかも、「平日の19時以降、まったく連絡がとれなくなる」
なんと「鍵のかかる会議室で不特定多数の女性とイチャイチャしている(のを見たというウワサが広がっている)」。

どうでしょうか。つまり、会社の女性を食い散らかし、女遊びのために仕事を休み、勤務時間中にもイチャついている(←これはウワサ)という状況。これ、普通じゃないよね!

なぜ病的な女好きは社会から排除されないのか!?

1 2