コラム 【もやもや】結婚しても子なし税!?婚活中・独身アラフォーOLのライフはゼロ寸前よ!~その1~

「ついに来たか、子なし税」「独身税で炎上したと思ったら子なし税って……」。

平成30年度の税制改革についてのニュースが話題になっています。ことの発端は、17日に共同通信社が出した速報です。

「子供のいない年収800万円~900万円世帯が増税になる」という短い記事から、「子なし世帯にだけ税負担が増えるのか」という認識が生まれ、一気に「子なし税」なる言葉がネットに踊りました。

周囲でも「子なし世帯を差別している」「子供を持つか持たないかで税金に差をつけるなんて、日本ひどい」と憤りの声があがりました。

でもこれ、「子なし税」ではありません。

今回の控除制度の見直しで、低・中所得者の税負担は減り、逆に高所得者の税負担が増える見通しだ、というもの。その「現状より税負担が増える高所得者」が、年収の800万円~900万円の人になりそう、という話です。

ただし、該当する所得世帯でも子育て中の世帯は、増税対象から外す措置がされるかも、という。

子育て中が何歳までと定義されるのかわかりませんが、最長で「成人させるまで」を子育て中としても、20歳になればお子さんがいる該当世帯は増税です。世帯単位なので、独身の方も、該当年収であれば当てはまります。

なんのことはない、税制改革ごとに該当年収が引き下げられている、高所得会社員への増税なんです。

でも、「子なし税」というワードはセンセーショナルです。

子供がいないことで増税されるなんて、腑に落ちない

1 2