コラム 【もやもや】こりゃイケメンでもさすがに無理でしょ!朝ドラ『わろてんか』藤吉のクズっぷりがすごすぎて笑いそう~その2~

「基本、年下の男性が好きなんです。可愛いし、甘えられても腹が立たないから。好意をもっている相手でも年上から甘えられると、キモって思っちゃうんです。

あと、私は自分で稼げてるので、男性に経済力とか求めてないんですよね。男性に奢られたいとか思わないし。

ただ、男性って、妙なプライドがあるじゃないですか。女より自分のほうが上じゃないとイヤだとか、自分よりお金を稼いでいる女を生意気と思うとか。だから、私自身は経済的に不自由な男性でもぜんぜんいいんですけど、付き合っていくうちに、威張りだしたり卑屈になったりしだすんですよ。なので、毎回半年くらいで終わってしまう。

ベンチャー企業の社長とかの友達で、稼いでいる年下の男性もいるんですけど、彼らって20代の港区女子しか眼中にないじゃないですか。付き合うってことに関して言うと。

だから、本当は稼いでる年下男子と付き合いたいなぁと思いつつ、結局付き合うのは貧乏年下男子になっちゃって。でも、続かない。その繰り返しなんです。

年上の男性のほうが、私より稼いでいる人は多いと思うので、私自身が、年上好きになれば、問題解決なんですけど、なかなかそういう気持ちにはなれないんですよね。だって、ブヨブヨしてたりシワシワしてたり、髪の毛が……とか、ちょっと恋愛するの、無理じゃないですか」(外資系証券会社勤務・33歳)

「もう本当に、ぜんぜん私の話とか聞いてないんですよね、私の彼。何をしゃべっても、適当に頷いているだけ。だから、デートの予定も平気ですっぽかすし。

この前とか、一緒にご飯食べようって約束した居酒屋で1時間くらい待たされて、何度も電話してもつながらなくて。ようやくつながったと思ったら、キャバクラの女の子が出て、店で酔っぱらって寝てます……だって。ブチ切れました。

でも、本人は約束したことも覚えてないって言うんです。で、なんでこんなに怒られるのかわからないって。呆れましたけど、覚えてないって言われたらしょうがないですよね。そういうことが、しょっちゅうあります。

なんで付き合っているのか……。

こいつとは約束はできない、言ったことを信用しちゃだめだって私が納得さえすれば、問題が起こることがないからですかね。一緒にいるときは、普通に楽しいですし。予定を立てたり、期待しなければいいんです。

たとえば、彼は私に“クリスマスは、おしゃれなところで2人でディナー食べたいな”とか言うんですよ。かわいいでしょ。

でもそれは、“今”思いついただけで、それについて予約しようとか、当日は仕事を入れないようにしようとか、計画を立ててはいないんです。クリスマスは予約しないと店に入れないかも、という想像すらしないんです。というか、できないんでしょうね。能力的に。

なので、私が予約をしました。予約してることは彼には言いません。食べたいって言ったことすら忘れてるかもしれないんで。

彼がその日がダメになったら、ひとりで行きます」

☆☆☆

「ダメなその部分にさえ、過度に期待しなければ、付き合うのはラクだしけっこう楽しい」という意見が多く聞かれました。

完璧な人間なんていませんから、本人がダメな部分に目をつぶれるのなら、他人が「何それサイテーだね」という男であっても、アリなのかもしれません。

 

今よりもっといい人が出てくれば乗り換えることもできますが、なかなか出現しない。「だから今のところ、この男でいいんです」っていうことか……?

1 2

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。