【もやもや】はあちゅうのセクハラ・パワハラ告発。ハッシュタグMeTooの価値ある取り組みが売名行為と誤解される状況でいいのか~その2~

【もやもや】はあちゅうのセクハラ・パワハラ告発。ハッシュタグMeTooの価値ある取り組みが売名行為と誤解される状況でいいのか~その2~

8年越しのはあちゅうさんのセクハラ・パワハラ告発から、#MeTooの存在意義について思いを馳せている今回の『女のもやもやセラピー』。その2では、働く独身アラサー&アラフォーのみなさんに、オフィスのセクハラ・パワハラ事情について伺いました

はあちゅうさんの告発の行方と#MeTooの意義について書いたその1はコチラ

☆☆☆

「うちの会社はパワハラの温床です。そもそも社長がキレる、怒鳴る、ものを投げるの三拍子なので、それに倣うように上になった人間は次々と狂暴になっていきます。そのため、人財の新陳代謝も激しく(苦笑)、入社して3か月もたない女性もいっぱいいます。

私は比較的鈍いほうなので、誰かが怒鳴ったりしていても、“あ、なんか怒ってる……”と耳と心を閉ざして粛々と作業をしていました。

でも、ある女性が上司になったときが本当にひどくて。当時、私26歳だったんですけど、“顔はかわいくない、頭は悪い、仕事はできない、彼氏もいない。あんたって生きてる意味あるの?”“どういう育てられ方すると、あんたみたいなバカが生まれてきちゃうの?”とかいうようなことを毎日毎日言われ続けて、さすがに病みました。

会社には行きたくなくなるし、夜ひとりでいると、つーっと涙がこぼれてくるんです。結局、絶えられず、退社しました。

ただ、今いる会社も、社内がぐちゃぐちゃで。やっぱり、理不尽なことでキレたり怒鳴ったりする人がいるんです。私が反論しようとすると、“お前みたいな人間に口答えされる覚えはねぇ”って、紙資料の束を投げつけられました。私って、そういう人との巡りあわせがあるのかもしれない、とすら思ってしまいます」(IT関連会社勤務・32歳)

「この春に離婚したんです。10年ぶりの独身生活で、老後のこともあるし、仕事も頑張らないとなと思って頑張っていたんですが……。

この前、部署の忘年会があったんです。会も中盤のころ、酔っぱらった上司が“ずっと気になってたんだけどさ、その年で離婚するとさ、性生活とかどうしてんの?”って耳元で囁きながら手を握ってきたんです。驚いてその上司の顔を見たら、だらしなく弛緩していて、ニヤニヤしていて……。本当にゾッとしました。

それ以上のことをされるのは、本当に困る。“やだー、もうセクハラされ時代は卒業!と思っていましたけど、この年になってセクハラまがいのことをされるとは、まだまだ気が抜けないですねー”と軽い調子で返しました。

で、そのあとも、いろんな人にペラペラとしゃべっています。

上司からは、“お前はそんな失礼な女だったのか”とか怒った調子で言われましたが、ヘラヘラとやり過ごしました。とはいえ、降格など手を回されるのも怖いので、胃は痛いです。“もし、あたしが左遷されたら〇〇さん(上司)のせいかもしれないー”というような話を振りまくのがせいいっぱい。効果があるといいんですが……。やっぱり、立場が下の人間が上の人間に1度目を付けられたら、逃げようがないんですかね……」(製作会社勤務・42歳)

このハラスメントに甘んじることで自分にメリットはあるのか?いや、ない!

1 2
アプリ 美人探偵 貧困女子 iPhone 運勢 恋愛 ダイエット 時短 アラサー レシピ 婚活 占い 恋愛講座 派遣女子 結婚 CITRUS 派遣 浮気事件簿 金運 アラフォー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!