【もやもや】浅野ゆう子アラ還婚は、婚活アラフォー女子の希望の光!?~その2~

【もやもや】浅野ゆう子アラ還婚は、婚活アラフォー女子の希望の光!?~その2~

浅野ゆう子さんの結婚報道に、「大人の同世代婚ってステキだよね!」と盛り上がっている今週の「女のもやもやセラピー」(その1はこちら)。でも、バツイチ&既婚者は「長年培ってきたライフスタイルを結婚で崩されるのって、面倒くさいって思わないのかな?」「いい年になったら、わざわざ結婚して一緒に暮すより、友達としてずっと仲良くしていくほうがラクじゃない?」ともやもや。その2では、実際にアラフィフで初婚した女性と、婚活まっしぐらのアラフィフ女性に、「結婚した(したい)理由」と「結婚に求めること」を紹介します。

☆☆☆

アラフィフで結婚した人は……
「49歳で、高校時代の同じ部活の1学年下の男性と結婚しました。高校卒業後、ずっと年に1〜2回、OB飲み会などで会っていた間柄でした。かわいい後輩、という感じで、それまで1度も恋愛対象として見ていたことはありませんでした。
彼、私とは再婚なんです。彼が結婚したときは純粋に祝福してましたし、離婚した当初も、まったく恋愛対象外でした。

私が未婚でいたことには、大した理由もなく、なんとなくタイミングがなくて49歳まできてしまったという感じです。

 結婚するなら友達に羨ましがられるくらいの人じゃないとーーとは思っていましたが、そういう人に巡り会えず、仕事もおもしろかったし、自分の生活が向上するならまだしも、どうでもいい人となら結婚しなくてもいいかなーっていう気持ちもあって。

それなのに、なんで結婚したのって話ですよね。単純に、彼のことが好きと思ったからです。で、彼も私のことが好きだと言ってくれた。両思いなら、結婚するのが当然だと思いました。もう49歳なのに?という気持ちは、なくはなかったですけど……。でもそれは“いい年して恋愛っぽいことをしてる”ってことを、人にどう思われるかって言う気恥ずかしさだけで、“お互い好きだから結婚する”のに、年齢とか関係ないと思いました。ただちょっと、人より遅かったってだけで。

でも30代や40代前半の私なら、彼のことを好きにならなかったと思います。本当にただの“普通”の人だし、バツイチだし。でも50歳を目前にして、自分もちゃんとキャリアを重ねていて、人からどう思われるかを気にしたりという気持ちが薄れてきたんだと思います。だから、フラットな気持ちで彼のことが見られたんだと思います。

あと、“自分のことを昔から知っている”っていうのもポイントでした。彼にかわいい女性と思われたいという気持ちは当然あるんですが、彼は高校時代の私も知っていて、友達として、それ以降のことも知っていて、それでも“かわいい”“結婚したい”と言ってくれているんだから、気取る必要がないんですよね。だから気楽なんです。

彼は、離婚して、ひとりが寂しかったというのと、自分の老後の世話をしてくれる人がいないことが不安で再婚したかったみたいです。そう言われちゃうと、一緒にいてくれて、老後を世話をしてくれる女だったら誰でもよかったの!?ってなりますけど、男の人ってみんなそうじゃないですか?それに、結婚って、そういうのも含めて結婚だと思うので。

もちろん生活の自由度は、一人暮らしのときより格段に減りましたし、ひとりでのんびりしたいなぁと思うこともあります。でも私は、20代や30代で結婚した人たちより、ずっと長く自由を満喫してきたんで。もう十分。それも結婚の一面だと思うし、全然受け入れられますよ」(金融勤務・52歳)

1 2
アプリ 運勢 占い 派遣 iPhone 婚活 美人探偵 アラフォー 結婚 貧困女子 金運 セカンド 浮気事件簿 アラサー 不倫 派遣女子 恋愛講座 時短 恋愛 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!