コラム 【もやもや】はれのひ社長謝罪、振り袖返却開始。「ギリギリまで頑張ったから」で、ばっくれはどうなのよ!?~その1~

今年の成人式を台無しにして雲隠れしていた「はれのひ」の社長が26日、今回の騒動について、会見を開いたことがニュースになっています。

成人式当日に、着付けもヘアメークもできない、着るはずだった振り袖が行方不明になったまま、どことも誰とも連絡がつかない、というトラブルから約3週間。「は?いまさら?」感すらある時間経過です。筆者の周囲では、「当事者の方には申し訳ないけれど、すっかり忘れていた」と言う声も少なくありません。

それほどまでに長い潜伏期間。弁護士の方との打ち合わせも綿密にできたでしょうし、準備万端で会見に臨まれたはずです。しかし、というか「だから」と言うべきか、その内容は「(お客様のために)ギリギリまで頑張ったけどダメだった(だけ)」「(資金はないから)取引先への未払金の返済はできない」という、言い訳と開き直りにしか思えませんでした。

会社は破産手続きを開始、社長本人は自己破産を申請予定という報道もありました。となると、もうこの件において、社長は支払い義務がなくなります。法律的に。

どうも、釈然としません。なんだか、ずるいなぁと思ってしまいます。

この社長のように、トラブルが頻発している中、電話にでない、居場所がわからない、ようやく見つかったと思ったら、「俺だってやってんだよ!それでもダメだったんだからしょうがないじゃん!」と逆切れする人を、筆者は何人か知っています。その人たちは、口を揃えて「やってんだよ!」って言いますが、実際は何もやってないんです。

筆者の知るひとりは、十数件の支払いの督促をばっくれ、嫁と沖縄のリゾートホテルに宿泊していました。なんでわかったかっていうと、筆者が嫁のSNSを追いかけたからです。そして未払いのまま会社を潰したその人が今、何をしているかっていうと、別のビジネスを立ち上げ、しれっと生きています。

探しまくったこと、逆切れされて怒鳴られたこと、そして筆者も未払いのまま。3年くらい前の話ですが、今思い出しても腹が立ちます。

結局上手に逃げたもん勝ち!?

1 2