コラム 【もやもや】宮沢りえが森田剛と再婚に「続きたい…でもどうすれば?」バツイチ子持ちアラサー&アラフォーの悶々~その1~

女優の宮沢りえさんとV6森田剛さんが入籍したと、公式に発表されました。

昨年末にあったV6岡田准一さんと女優の宮﨑あおいさんの結婚報告によって、抗体がついているということもあるのかもしれません。筆者の周囲では、超人気芸能人同士の結婚のわりには驚きもショックもさほど大きくなく、「へ~そうか~。めでたいねぇ」「幸せになってほしいよね~」という温度で祝福されています。

それにしても、「アイドルがバツイチと結婚」「アイドルが子連れバツイチと結婚」という連投は美しい。その字面だけ見ると、かなりのファンタジーで、韓流スターなどアイドルに本気で恋している中年女性が、「もしかして私も……」とうっかり夢を見てしまいそうなシチュエーションです。

ですが、その実、お相手は片や日本映画界を担う若手女優であり、大女優です。要は一般人には関係ない、芸能界トップのお話。いつもなら「バツイチでも子連れバツイチでも、バツなしイケメン男性と結婚できるのは美人だからなだけ。一般人だったらバツがなくったって44歳じゃ結婚なんてムリでしょ」とかいう、そもそも話に陥ってしまうものです。

でも今回は、ちょっと風向きが違っています。宮沢さんのお子さんと同じくらいの年代の子を持つバツイチさんたちの食いつきが、すごくいいのです。

宮沢さんは離婚後、方々で「45歳になる前に結婚したい」と言っていたそうです。元の旦那さんとの離婚が成立したと発表されたのが宮沢さん42歳の3月。そして入籍は、4月の誕生日で45歳になる直前の今。有言実行というか、夢が叶ったというか、ですね。

それはいいのですが、気になるのは、その短い独身アイドリング時間です。森田さんとは1年半ほどお付き合いされていたそうですから、離婚からのタイムラグがほとんどないということ。フリー期間、ほぼゼロです。元の旦那さんとは4年間別居していて、実質、結婚生活を送っていなかったせいもあるのでしょうが、「もう、しばらく結婚はちょっと……」とか「男性との真剣なお付き合いとは距離を置いて……」いう感じではないのですね。筆者がそこはかとないもやもやを感じたのは、この行動力と、「離婚はしたけれども、結婚そのものに絶望しているわけではなく、別の人と一刻も早く結婚したい」という気持ちに共感するというバツイチさんがとても多いことです。

離婚を経験しても、また結婚したいと考える女性たち

1 2