コラム 【もやもや】就活生のリクルートスーツはいつから「黒オンリー」になったの?いいの?~その1~

都内の桜も満開の時期を迎え、いよいよ春だな~の今日このごろ。もうひとつの春の風物詩といえば、リクルートスーツ姿の学生の増殖です。ビジネス街ですれ違ったり、駅のホームで彼らを見かけると「ああ、就職活動が解禁されたのかー、みんな頑張れー」と思うとともに、春の訪れを感じるものです。

とにかく、リクルートスーツは目立ちます。それは、秋に街中で豪華なお着物を着た子らを見て、「ああ、七五三の時期かー」と思う時と同じくらい、目につきます。七五三はお着物ですから、当然といえば当然ですが、リクルートスーツは地味なビジネススーツです。なのに、どうしてあんなに目立つのでしょう。

「スーツを着慣れていないフレッシュ感で浮いている」、ということあるのかもしれません。しかしそれよりも、「なにやら、やたらとダサくて、それがいっぱいいるから、つい驚く」という意見も多いのです。しかも、ほぼ黒無地。インナーは揃いも揃ってカリッとした白シャツです。アクセサリーもなし、髪もひっつめ。お葬式の参列者のようでもあります。先日取材したパーソナルスタイリストさんが、「ここ数年のリクルートスーツは、ほぼ9割が黒無地」と言っていました。いつからこんなことになったのでしょうか。

筆者は四半世紀前に、女性誌で就職活動の連載を2年やっていました。主に業種ごと、企業の人事採用の方に取材して「どういう女子を採用したいか」という話を伺ったり、面接でチェックするポイントなどを記事にしていました。春先には、巻頭のファッションページで「就職活動の面接スーツ」の特集も担当しました。そのくらい、リクルートスーツにバリエーションがあったのです。インナーも、白シャツではなく、ボウタイのブラウスが主流でした。

当時、今のように「リクルートスーツ専用」と謳っているスーツがあったのかどうか、記憶が定かではないのですが、20代の通勤ファッションを展開しているブランドの中からファッション企画で「就職活動にも使えるスーツ」を提案していたことを考えると、乱暴に言うと、「それっぽければ、なんでもいい」という時代だったのかもしれません。

同時に、どこまでがOKで、何がNGなのか、そのせめぎ合いが難しかったともいえます。

就活スーツはコスプレ?

1 2