コラム 【もやもや】年齢不詳は誉め言葉?「いい意味で」年齢不詳な女の特徴と皮肉の境界線はどこ?~その1~

今週の「女のもやもやセラピー」のテーマは、「年齢不詳な女」です。

美容業界を中心に、長らく「年齢不詳な女になろう」といった動きや特集があったりと、年齢不詳な女=いいものとされる向きもあります。しかし、一般人に対して「あの人って、年齢不詳だよね~」と言うときや「〇〇さんが、あなたのこと、年齢不詳だって言ってたよ~」などと言われるとき、そこはかとないもやもやが生まれます。

「年齢不詳って、誉め言葉なんだろうか……」。

ある女性に対して、「年齢不詳」という言葉を使ったとき。相手がきょとんとした顔をする。すると、「あれ? もしかしたら、“いい意味”で、というひと言を足したほうがよかったんじゃないか……」という思いが頭をよぎります。でも、「いや、ここで言い換えてしまっては、よけに皮肉を言ったように取られかねない……」と歯を食いしばってニッコリ笑ってみたり。それは、そもそも「年齢不詳」という言葉が、誉め言葉として受け取られない場合がある、ということを知っているからです。そして実際、「年齢不詳」のもつ“幅”にかこつけて、さりげないマウンティングや皮肉に使うこともあるからです。

そもそも、「年齢不詳」とは、どういう意味でしょう。「年齢不詳」を小学館・デジタル大辞泉で引くと、「不詳」の項目に登場します。

[名・形動]くわしくはわからないこと。はっきりしないこと。また、そのさま。「害者の身元は不詳な(の)ままだ」「作者不詳」「年齢不詳」

一般的に女性に対して「年齢不詳」と言う場合は、「はっきりしないこと。また、そのさま」に当てはまります。本人や年齢を知っている人に聞けば、実際の年齢は一発でわかります。なので、辞書引用の「くわしくはわからないこと」には該当しませんね。

つまり、「年齢不詳な女」は見た目の問題です。服装、髪型、顔、肌など、「普通、年齢を重ねれば変わっていくに決まっている」ものが変わらない人、あるいは「〇歳だと、だいたいこのくらい」という一般的認識から外れている人が「年齢不詳な女」となります。若く見えるとか、老けて見えるといった、直接的な意味がないからこそ、誉め言葉にも皮肉にもなる“幅”ができてしまうのです。

その「年齢不詳」は褒めてます?ディスってます?

1 2