コラム 【もやもや】はあちゅうがしみけんと事実婚!で考えるアラサーの結婚のメリット~その1~

ブロガーのはあちゅうさんが、AV男優のしみけんさんと結婚したと自身のSNSで発表。以降、ネットでは祝福の声が多くあがっています。一方、ネガティブな反響に対して、はあちゅうさんがさらにコメントを重ねるなど、これもまた連日ネットの話題のひとつに。

筆者が、はあちゅうさんとしみけんさんがお付き合いしているというウワサを聞いたのは、数週間前ゴシップサイトのトピックに上がった頃ですが、業界では有名な話だったそうで、「ネット民とAV業界は親和性が高いし接点も多いから、インフルエンサーとAV男優のカップルは普通にありがち」とのこと。なるほど、ネットもAVも、マイナーな業界という立ち位置から飛躍的にメジャー感が増し、一般化著しいという共通点もあります。接点が多いということを鑑みると、いわゆる「職場結婚」的な感じなのかもしれませんし、32歳の女性が4年間付き合った彼氏と結婚するというのも、まあ一般的。むしろ、婚活中のアラサー及びアラフォーにとっては「羨ましい」限りです。

また、はあちゅうさんは、結婚報告の際に「芸能人でもないのにわざわざ表に報告することか?とも思いましたが、」と心中を告白していますが、はあちゅうさんが自分の意見や思考、及び生き方を売り物にしている職業だということを考えれば、説得力を持たせるためにも、発表も納得です。

しかし「なんだかもやもやしてしまう……」というのは、それこそ、はあちゅうさんがこれまで発信してきた意見や思考、生き方と今回の結婚に乖離を感じた人が多かったからかもしれません。はあちゅうさんの言動に注目していて、同世代でもある周囲の30代からは、「新進気鋭の年下IT起業家とか、社会的に将来超有望な男とか、ドバイの富豪とか、周囲を圧倒するほどありえないくらいお金持ちを狙っているのかと思った」、「書籍の編集者やバラエティー番組のプロデューサーとか、仕事に直結する相手を選ぶと思っていた」や、「年収ン千万を稼ぐ外資系コンサルティング会社に勤める慶応大学時代の同級生か、元いた大手代理店時代の同僚とか、男友達から発生した彼氏との同級生婚のイメージだった」とかいう声が聞こえてきました。

なんというか、はあちゅうさんは自身が提唱する生き方やビジネスと同じように、結婚相手も人生のマウンティング的に「勝ち」に行ける人を戦略的に選ぶのではないか、と思っていたフシがあったのです。

だからこそ、「そうか……彼女にとって、恋愛と仕事は別で、結婚相手は好きになった人を選んだのか……」というところで、拍子抜けしたというのもおかしな話ですが、「ふぅ~ん」なのです。いやむしろ、「さらに共感ポイントが増した」という人も多いです。好きな人と結婚できるということは幸せなこと。それは本当に心から「ご結婚おめでとうございます!どうぞ末永くお幸せに!」です。

しかし、はあちゅうさんの結婚発表の発表で、もうひとつ、独身アラサーとアラフォーがもやっとしたことがあります。それがはあちゅうさんとしみけんさんの結婚が事実婚だという点です。

事実婚って一体どんなもの!?

1 2