コラム 【もやもや】杉田水脈議員「子供を作らない人は生産性がない」主張が無視できずに震える理由は、怒りか悲しみか~その2~

「会う人会う人、みんな私よりも収入が低かったときです。誰と結婚しても、今以上の経済レベルの生活はできないとわかったから、というべきでしょうか。もちろん、世の中には私と同じくらい稼いでいる人はごまんといるでしょうし、私以上の収入がある人だって当然いると思います。でも、そういう人は、私には好意をもってくださらないようです。会社でも、男性からは同志みたいな見られ方をされています。

しかも、みなさん、年収は低いのに、なんだか私に対して居丈高なんですよ。知人にそのような話をしましたところ、“それが男のプライドというもんだ、結婚したいなら可愛げを出せ”というようなことを言われまして、ハッと“私、結婚したくないわ”と思ったんです。

幸い、ひとり生きていく分程度の収入と蓄えはありますし、結婚しなくてもいいという結論に至りました。とはいえ、心から好きな方ができたら、気持ちは変わるかもしれません」(外資系金融関連会社勤務・33歳)

「自分はなんで結婚したいんだっけ、って考えたときに、“結婚するのが普通だと思ったから”っていうことしか思い浮かばなかったんです。もちろん、好きな人がいたら結婚するのが普通、っていうのは当然あると思うんですが、好きな相手もいないのに結婚するのが普通っていうのは、おかしいんじゃない?って気づいてしまったんですよね。

結婚した友達から、“自分の子供が欲しくないの?”と聞かれることもあるんですが、別に……ですね。“産めるのは女だけだよ。せっかく機能があるんだから、もったいない”って言われたこともありますが、人間の機能って、たとえば、脳は全体の数パーセントしか使ってないらしいですし、あっても使わないものってけっこうありますよね。それをもったいないとか言われても……って思っちゃいました。それに、子供って欲しいからって授かれるものでもないですし。

ただ、大っぴらにもう別に結婚したいと思わないって言うと、また周りから”なんで?どうして?”とヤイヤイ言われるので、私を好きになってくれそうな人がいたら紹介して~って言っています。こう言うと、みんな黙るので便利です。ステキな人を紹介して、とか言うと、理想が高すぎるとか上から目線でお説教されかねないですが、“私を好きになってくれそうな人”と言えば相手には手札がなくなるので安全です(笑)」(IT関連会社勤務・36歳)

☆☆☆

お話を聞いてみると、世間と足並みをそろえるためだったり、親や世間体を気にして婚活をしていた人ほど、「あれ?私なんで結婚したかったんだっけ?」となり、「“もう、結婚しなくてもいいや”スイッチ」がオンになりやすいようです。

どんな理由で結婚したいと思おうが、結婚したくないと思おうが、自由です。人生は一度きりですので、そのとき自分が思ったように進めばいいのだと思います。人間というものは選ばなかったほうに思いを馳せ、「あっちを選んだほうがよかったのかなぁ」と思ったりする生き物なんです。それは、どっちを選んでも、です。ただし、自分で選ばないと、人のせいにして後悔します。「あのときの私が選んだんだから、そりゃ当然、今の私が責任持たないとね」と思えるためには、自分で選ばないとダメです。「子供を作らない人は生産性がないって言っている人がいるから、子供産まなきゃ」みたいな考えだけは、くれぐれもなさらぬよう。って、そんな人、いないか。

 

それにしても暑い……。

1 2