コラム 【もやもや】つき合って半年のスピード婚!前田敦子アラサー婚が婚活中の女子に与えた影響とは?~その1~

また、ネットでも大いに話題になった前田さんの主演ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』で彼女が演じた役が大好きだったという女子ファンも多く、「新井浩文(の役)にさんざひどい目にあわされていたあのブスちゃんが、とうとう幸せな結婚にたどりつけたような錯覚にも陥って……自分のことのように嬉しい」と言っていたアラサーもいました。仕事もがんばって、恋も普通にして、それが結婚に繋がる……というのは、「普通に結婚したい」と思う全女子の理想の形なのかもしれません。

IT関連会社に勤める32歳の女性は、「女優と俳優さんの結婚って、一般人でいうところの職場恋愛みたいなものですよね。仕事を通して出会って、お互いに惹かれていって……っていうのって、いいですよね」と言っていました。「合コンとか友達の紹介とか、付き合うか否かの判定のために会うのとは、ぜんぜん恋愛クオリティーが違うと思うんです。でも、私の職場ですてきだなと思える人は全員既婚者だし、自分にはないなと思うと、ため息しか出ません」と。

前田さんと勝地さんの交際は、春頃からと報道されています。それが本当であれば、お付き合いから結婚を決めるまでの時期はけっこうなスピード感です。これも、婚活に力を入れているにも関わらず、うまいこと進められずにもやもやしているアラサー、アラフォーたちを羨ましがらせる要因のひとつになっています。

「なぜ自分は決断できないのか」。その理由の矛先を、「相手が私に相応しくないからだ」「足りない」と相手に向けることもできますが、「妥協できない」と思っている自分が間違っているのではないか……ということも、うすうす感じているのです。

映画『万引き家族』など俳優としても活躍しているリリー・フランキーさんが、トークバラエティー番組などで自身が結婚しない理由を聞かれたとき「樹木希林さんに、”結婚は若いうちにしないとダメなのよ。分別がついたら結婚なんてできないんだから”と言われた」という話をよくします。その話を聞くたびに、結婚なんて、ごちゃごちゃと考えていたらできないものなのかもな、と思います。大人になればなるほど分別がつくから、よけいに結婚しにくくなるんだろうなと。

「結婚したいのにできなさすぎて、最近は既婚者っていうだけで腹が立つようになってきた自分が悲しい」と言う婚活こじらせ女子も増えています。婚活は長引かせると、逆に結婚が遠のくだけでなく、精神も蝕んでしまうようです。では、結婚したい人がとっとと結婚するには、どうしたらいいんでしょうか。婚活中女子たちに、反省会をしてもらいました。~その2~に続きます。

 

結婚にいちばん大切なのは、スタートダッシュなのかもしれない。

1 2