コラム 【もやもや】不倫ドラマだからじゃない!木村佳乃と水野美紀の夜ドラ『あな渡』が独身アラサーにウケる訳~その1~

先週から始まった土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日)が、働く独身アラサー、アラフォー世代に「超絶おもしろい」「来週も絶対見る」と話題です。すでに『あな渡』なんていう愛称で呼ばれているくらいです。

原作は『隠れ菊』という新聞小説で、すでに2回『ゆずれない夜』というタイトルでドラマ化されています。公式サイトによると、内容は「大人の濃厚ラブ・サスペンス」。過去に賀来千香子さん、観月ありささんが務めた主人公の専業主婦を木村佳乃さんが、工藤静香さん、緒川たまきさんが務めた愛人役を水野美紀さんが演じています。

ちなみに主人公の夫は、神田正輝さん、前川泰之さんときて、今回は萩原聖人さん。過去ドラマのキャスティングもさすがですが、「気が強くて真面目な妻」「妻が幸せだと信じていた家庭を突然壊すとらえどころのない愛人」、そして「妻と愛人の間で右往左往する優柔不断な夫」にピッタリの絶妙っぷりです。

しかも、木村佳乃さんも水野美紀さんも、「美貌にも関わらず、地味な主婦にもキャリア女性にも化けられる演技派の女優さん」として、アラサー&アラフォー女性にとても人気があります。何の役をやっても本人にしか見えない、という女優さんたちとは一線を画します。その二人が対峙するわけですから、おもしろいに決まっているのです。だからこそ、「とりあえず、1話は見てみよう」となった人が多かったのもうなずけます。そして、ハマったというわけです。

ストーリーのテンポも速く、第1話が始まって数分後には、木村佳乃さん演じる結婚20年目の普通(?)の専業主婦に、水野美紀さん演じる夫の愛人が「ご主人をいただきに参りました」と略奪愛の宣戦布告。次々とねっとりとした嫌味の毒ゼリフを浴びせまくるというシーンがありました。そして、ネタバレになるので詳しい内容には言及しませんが、約40分程度のストーリーの中で、今後主要メンバーになりそうなクセあり人物をまんべんなく紹介しながら、物語はぐいぐいと進み、今度は木村佳乃さんが水野美紀さんに逆宣戦布告、となります。ダラダラしてない、仕事が早い。

不倫ドラマが流行しても、不倫カップルを応援しているわけじゃない

1 2