【もやもや】11月22日いい夫婦の日に婚活女子と考える「私ホントは結婚に向いてないんじゃないか」説~その1~

【もやもや】11月22日いい夫婦の日に婚活女子と考える「私ホントは結婚に向いてないんじゃないか」説~その1~

11月22日が「いい夫婦の日」とされてから30年。この時期になると、各団体から「理想の夫婦」にまつわる情報が公開されます。『「いい夫婦の日」をすすめる会』が20年前から主催している「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」では、今年も“理想の有名人夫婦”が発表されました。「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2018」は、陣内孝則・陣内恵理子ご夫妻と庄司智春・藤本美貴ご夫妻です。公式サイトには、この二夫婦の選出理由は「結婚30年経っても奥様の誕生日に年の数のバラの花を贈るなど素敵なご夫婦」といった多くの一般からの声があがった(陣内ご夫妻)、「仲睦まじそう」(庄司智春・藤本美貴ご夫妻)がありました。つまり、仲睦まじそうである、というのが理想の夫婦像であり、それを象徴するのが「夫が妻の誕生日に花を贈る」ことといえそうです。

結婚したい妙齢の独身女子たちは、そんな理想の夫婦を目指し、日夜婚活に励んでいます。そして「どうしたら結婚できるのか」「なんで自分は結婚できないのか」という本人史上最大の謎に挑んでいるわけですが、その謎はなかなか解明されず、婚活疲れの沼に沈んでいく女子が後を絶ちません。

周囲から「結婚できない女」認定される女性には、大きく2パターンあります。ひとつは、そもそも本人に結婚する気がない女性。非婚を豪語している方々です。もうひとつは、「男性から結婚したいと思われない言動をする女性」です。そして、婚活疲れを起こす女子の多くは、「自分は男性から結婚したいと思われない言動をとっているのだろうか」と悩み苦しむのです。「別に、そんなことないと思うのに……」と。

「自分がどうして結婚できないのか」という深い謎にもつながることですが、「そもそも、“男性から結婚したいと思われない言動”が何だかが、わからない」という婚活女子も多いです。なので、ちょっと調べてみました。

「いい夫婦の日」にちなんで、銀座ダイヤモンドシライシが20代~40代の既婚の男女500名に行なった「恋愛と結婚に関する意識調査」の中に、結婚相手と喧嘩をしたことがある既婚者に聞いた「結婚相手に向いていないと思う人の特徴」という項目があります。結婚に向いていない、ということはつまり、男が結婚したいと思わない人の特徴となりますよね。そこから男性意見を抽出すると、1位が自己中心的、2位が思いやりがない、3位がギャンブル好き、でした。これが、「男性から結婚したいと思われない言動」のワースト3といっていいのではないでしょうか。

しかし、どうでしょう。婚活疲れ中のみなさんの中に、「なるほど、私はこれらに当てはまる。だから結婚できないのかー。納得!反省!」と思える人がどれだけいるでしょうか。筆者は、さほど多くないと思います。実際、周囲でも「自己中心的というよりむしろ滅私。むしろ社畜!」「心が豊かなときには人に対して優しくなれるし思いやりだってもてる。思いやりがない態度をとるのは相手のことをないがしろにしているときだけ」「ギャンブルってパチンコとかでしょ?やったことすらないわ」と、「これが男性から結婚したいと思われない言動だというのなら、私はとっくに結婚できているはず」と反発している女子が少なくありません。(「そういう攻撃的なところが男に敬遠されて結婚できない理由なのよ」というのは、今回はナシです)。

世の大多数は結婚している、できている……なぜ自分は結婚できないのか!?

1 2
恋愛運 時短 セカンド アラフォー 運勢 貧困女子 浮気事件簿 恋愛講座 恋愛 派遣 占い 美人探偵 アラサー 金運 アプリ 婚活 iPhone 結婚 浮気 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!