コラム 【もやもや】11月22日いい夫婦の日に婚活女子と考える「私ホントは結婚に向いてないんじゃないか」説~その2~

11月22日は「いい夫婦の日」。ということで、いい夫婦になることを目指して婚活するも、いいも悪いも夫婦にすらなれない女子たちと「どうして結婚できないのか」を深堀りしている今週の「女のもやもやセラピー」。その2では、あずき総研が、結婚したい独身女子に聞いた「結婚に向いていないんじゃないかと思う理由」を紹介します。

その1はコチラ

☆☆☆

「私、大学も就職も、第一志望が通りました。だから、強い意志を持って努力すれば、叶わないことなんてないってずっと思っていたんです。結婚も同じで、したいと思ったときに一生懸命頑張れば、私はできると思っていました。

そろそろ結婚したいなと思ったのは、28歳のころです。仕事も落ち着いてきたし、集中して婚活しました。でも、ぜんぜんダメでした。お見合いもしましたし、結婚サービスにも登録しましたが、成婚はなりませんでした。お相手から断られるんです。結婚アドバイザーの方などから、いろいろアドバイスをいただき、実践もしたんですよ。でも、ダメ。一生懸命頑張っても、結婚ってできないんだなってつくづく思いました。

逆に言うと、結婚は、“努力したところでどうにもならないもの”ということですよね。私、努力が結果に結びつくものは得意ですが、不確定要素が強いものは苦手なんです。ギャンブルとか。つまり私にとって、結婚は向いていないもの、ということになります。残念ながら、私の資質と結婚の相性が悪いだけ。そう思ったら、スッキリしました」(出版社勤務・39歳)

「自分は他人に対して許せないことが多いんです。たとえば、彼氏に部屋のゴミ箱を移動させられたり、洗面台を使ったあとにびちょびちょのままにされていると、おぞましいっって思っちゃうし、怒りがブワッとわいてくるんです。結婚した人が“旦那が帰ってきた瞬間、服を脱ぎ散らかす”とか“休日に掃除機をかけているリビングで寝転んでテレビを見ているから邪魔”なんて愚痴ってるのを聞くと、うわー最悪、よくそんな人間と暮らせるなって思っちゃうし。

サクッと結婚した別の女友達にそのことを言うと、“そんなことは、些末なことだよ。相手のことが好きなら、なんだって許せちゃうよ”って言うんですけど、私には絶対、無理。そもそも、なんでも許せるほど、人のことを心から好きになったことがないんですよね。家で飼っている猫は、悪さしてもいいよいいよってなれるんですけど。だから、結婚には向いていないんじゃないかなーと思います。結婚してもずっとイライラしてそうです」(IT関連会社勤務・35歳)

向いていないと認めたら、ちょっとは楽に?

1 2