【もやもや】「ちょうどいいブス」を目指したいのは高齢処女だけ?ブス指南が非難ごうごうの謎~その1~

【もやもや】「ちょうどいいブス」を目指したいのは高齢処女だけ?ブス指南が非難ごうごうの謎~その1~

平成最後の「女のもやもやセラピー」、もやもやのテーマは「ちょうどいいブス」についてです。

ちょうどいいブスとは、相席スタートの山崎ケイさんの著書『ちょうどいいブスのススメ』によると、美人ではないけどブスでもない女が目指すとモテるようになるポジションのこと。

しかし、この著書を原作とした同タイトルのドラマが夏菜さん主演で来年1月スタートするとなって、「ちょうどいいブスってなんだよ」「夏菜がちょうどいいブス設定って、どういう了見だ」とネットが大炎上しました。そして先日、ドラマ名がひそやかに『ちょうどいいブスのススメ』から『人生が楽しくなる幸せの法則』へと変更されました。

公式の説明によると、「より、ドラマの趣旨をわかりやすくするため」だそうです。つまり、ちょうどいいブスになると人生が楽しくなる、だからちょうどいいブスになれ、という内容に変更はないということ。これについて、「だったらインパクト優先で『ちょうどいいブスのススメ』でよかったのではないか」という意見が圧倒的です。

そもそもですが、この「ちょうどいいブス」という言葉は、夏に1回炎上経験があります。それは山崎ケイさんを起用したシャンプーのプロモーションで、彼女が該当のシャンプーで洗い上げたさらっさらの髪の毛をたなびかせながら「もうちょうどいいブスとは言わせない」というコピーが流れるというもの。

これに対して、「女は別に男のために髪の毛キレイにしてるわけじゃない」「身ぎれいにしている女性に対して、ちょうどいいブスって失礼すぎませんか?」というようなクレームがバンバン入り、あっという間にお蔵入りとなったのです。それを知らなかったわけがありません。「ちょうどいいブス」という言葉に関して、ネットが敏感であることはわかっていたに違いないのに。その上でタイトルにしたに違いないのに。なぜひっこめたのか……謎。

ブスという言葉には良くも悪くも、けっこうな破壊力があります。ドラマ原作となっている『ちょうどいいブスのススメ』は、ブスを自認した山崎ケイさんによるブスのためのモテテク本ですが、もし、この本のタイトルが「人生が楽しくなる幸せの法則」だったら、あまたのモテテク本の中に埋もれ、日の目を見ることはなかったかもしれません。それだけ、ブスという言葉にはインパクトがあるのです。山﨑ケイさんは「ちょうどいいブス以上にハマる言葉が見つからなかった」と言っていますが、女性誌的には「ブサかわ」でも「ニュアンス美人」でも「雰囲気美人」でも、近しい言葉はいくらでもあるんです。でも、ブスのほうが断然強い。反感覚悟の言葉選びであるなら、「ちょうどいいブス」はグッドチョイスと言えましょう。

とはいえ、夏菜さんをちょうどいいブスに設定し、「全女子はまず自分をブスだと思え。そしてちょうどいいブスを目指せ。そしたら幸せになれるから」というドラマのアプローチは、無理があったと言わざるを得ません。原作は、ブスコミュニティーでお互いの傷口をなめ合ったり塩を塗り込んだりしている方々向けだからこそ成立しているのです。コミュニティー外から一方的に、しかも上から目線で(ドラマでは山崎ケイさんがちょうどいいブスの神様設定)「ブス」と言われ、「ブスはブスでもちょうどいいブスになれ」と言ってくるというのは、受け入れがたいものです。

夏菜じゃなければ満足したのか!?

1 2
アプリ セカンド 運勢 その1 iPhone 恋愛運 不倫 結婚 婚活 美人探偵 時短 貧困女子 アラサー アラフォー 恋愛 恋愛講座 浮気 浮気事件簿 金運 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。