コラム 令和初の『紅白歌合戦』は吉と出るか凶と出るか 〜その1〜

テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。

テレビから放たれるさまざまな世界は、家にいてくつろぎながら新発見ができる、特別なものばかり。現在は、パソコンやスマートフォンでもテレビ番組を観ることができますし、インターネット発信の番組もあり、YouTubeで活躍する方もいますよね。

家でもクルマでも電車でも、いまはどんな場所にいても、番組を楽しむことができます。このコラムでは、バラエティー豊かな番組の中から、毎回、1番組をピックアップして分析。みなさんのテレビライフのさらに箸休め的なコラムになれば幸いです。

 昭和歌謡界の大スターが“AI美空ひばり”として登場

最新のAI技術でよみがえる美空ひばりは“AI美空ひばり”に。 (c)NHK

今回は、毎年恒例の大晦日番組『第70回NHK紅白歌合戦』(12月31日 NHK総合ほか 午後7時15分)を取り上げましょう。

言わずと知れた国民的歌番組の『紅白』は今年で70回。歴史を振り返ってみると、昭和26年(1951年)にスタートした第1回目は1月3日、正月のラジオ番組として放送され、当時は出場歌手なども一切発表されていませんでした。昭和28年(1953年)の第3回目となる『紅白』が正月番組としては最後の放送となり、熱戦が伝わるようにスポーツ担当のアナウンサーが実況。同年、テレビの本放送開始にともない、第4回から大晦日の番組としてスタートし、現在まで放送されています。

記憶に新しい平成30年(2018年)の『紅白』では、わが家の子どもも保育園の運動会で踊ったほどキッズに大人気の「パプリカ」を歌うFoorinが登場したほか、親子で楽しめる内容に。とくに印象的だったのは、松任谷由実がNHKホールにサプライズ登場した場面でどよめく観客と感動で号泣する出演者のaiko、徳島中継の米津玄師が大塚国際美術館内システィーナ・ホールで5000個のキャンドルが灯る演出の中で歌う姿、そこに登場したダンサー・菅原小春のインパクト大すぎるダンス、MISIAの驚異の歌唱力などに度肝を抜かれました。

今回、令和元年(2019年)初の『紅白』では、さまざまな企画があるなかで昭和歌謡界の大スター・美空ひばりが、なんと“AI美空ひばり”として復活する企画も。平成元年(1989年)に52歳で永眠されてから、30年。AI(人口知能)でよみがえるというのですから驚きますが、現在テレビの視聴年齢層が高いことを考えると、令和に“AI美空ひばり”が登場するのも納得。AIとはいえ若年層にも受け入れられるか反応が気になるところですが、お茶の間のおじいちゃんおばあちゃんは確実に喜んでくれるはずです。

そんな美空ひばりが生前最後に発表したシングル「川の流れのように」を手がけた秋元康が今回も作詞・プロデュースした新曲「あれから」を“AI美空ひばり”が歌唱するそうですが、この“AI美空ひばりの曲が配信されている事実”にも時代の流れを感じます。昔は配信で音楽を聴くなんて、まったく想像していませんでしたよね。すでにパッケージ化されたCDが売れない時代となり、フィジカルとしての音楽作品のあり方が方向転換していることをしみじみ感じます。

1 2