やっぱり右京さん!私たちが『相棒』にドはまりしてしまう理由〜その2〜

やっぱり右京さん!私たちが『相棒』にドはまりしてしまう理由〜その2〜

テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。

今回は現在放送中のドラマ『相棒season18』(テレビ朝日系 毎週水曜午後9:00)を取り上げて、分析しています。~その1~はコチラ

 主人公の脇を固める演技派俳優の味わい深さ

警視庁を舞台にしたドラマでもっとも支持の高い『相棒』。

『相棒』では主人公の杉下右京がクローズアップされがちですが、人気の秘密を探るには、ドラマを彩り、脇を固める俳優陣のことも忘れてはいけません。

例えば、「土曜ワイド劇場」時代から出演しているあの人たち。

「暇かっ?」と言ってはふらりと特命係に現れてコーヒーを飲んでは雑談する、警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課の課長・警視の角田六郎役の山西惇さん。特命係の隣りの部署にいる鬼課長ですが、実は数少ない特命係の理解者。大学時代から劇団に所属していた山西さんの自然体の演技が光ります。

次に、警視庁刑事部捜査第一課の刑事・巡査部長となる伊丹憲一役の川原和久さん。捜査権のない特命係が事件に首を突っ込んでくることが疎ましく、現場で右京に会うと「これはこれは、警部殿」と悪態をつくのがデフォルト。その表情がなんとも憎たらしく見える、通称・イタミンです。

先日放送されたスピンオフ映画『相棒シリーズ X DAY』(2013年公開)では、いま大人気の田中圭さんとともに川原さんもダブル主演していましたが、いぶし銀のような演技でストーリーを引っ張っていました。川原さんも大学時代から劇団に所属していて、伊丹刑事役が板についています。

続いては、警視庁鑑識課から、警視庁警察学校教官・巡査部長となった米沢守役の六角精児さん。まあるいフォルムと実直な性格で、意外と人気の高いキャラクター。右京と共通する趣味に落語があり、特命係に協力する見返りとして、落語のチケットをプレゼントされて右京になつくなど、わかりやすい人物という印象です。

スピンオフ映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』(2009年公開)で主演を務めたものの、六角さんの意思で「Season14」まででレギュラーからは降板。以降は警察学校教官として、たまに出演しています。六角さんも劇団所属で、抑えた演技を発揮していました。

最後に「season14」に単発で登場後、「season15」からレギュラー出演している、警視庁サイバーセキュリティー対策本部 特別捜査官・巡査部長の青木年男役の浅利陽介さん。一時期は特命係に異動させられていた青木は、警視庁に入る前に特命係にはめられたことを根に持つ、極度の警察嫌いでひねくれ者という役柄。浅利さんは4歳から劇団に所属し、子役としても活動していた芸歴の持ち主で、嫌味な性格の青木を完璧に演じています。

ブレない右京を中心に、まわりを取り巻く俳優陣との調和ができていて、それがもうワンダフルなんです。劇団出身俳優など演技力が確かな人たちを配置しているからこそ、隙のないドラマ作りへとつながっているのでしょう。脇を固めるキャラクターたちは画として見るとちょっと地味なんですが、実際にはとても重要なファクターとなっています。

1 2
婚活 占い アプリ 美人探偵 浮気 運勢 その1 恋愛講座 恋愛 アラサー 貧困女子 不倫 アラフォー 恋愛運 金運 結婚 セカンド マッチングアプリ キャリア 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。