コラム 知らなかった……『知らなくていいコト』で気づいてしまった柄本佑の持つ色気

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits WOMANでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、現在放送中の『知らなくていいコト』(日本テレビ系 毎週水曜夜22:00)をご紹介します。

週刊誌の現場で働く、主人公・ケイト

今作は、政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、日々スクープを追う「週刊イースト」の記者・真壁ケイト(吉高由里子)の公私で起こる出来事を、大石静さんが軽妙なタッチで描くお仕事系ヒューマンドラマ。

主人公は週刊誌で働く記者・ケイト(吉高由里子)。(c)日本テレビ

といっても、新人が成長していく過程を追ったほのぼのドラマではありません。吉高さん演じる主人公のケイトは、デスク代理に指名されたり、“ケイトチルドレン”と自称する後輩に支持されたり、なかなかやり手の中堅記者。プライベートでは、シングルマザーとして育ててくれた母親・杏南(秋吉久美子)が急死する際に言い残した「あなたのお父さん、キアヌ・リーブスなの」という言葉の謎に迫っていくなかで、父親はキアヌではなく、殺人犯の乃十阿徹(小林薫)かもしれないと知ってしまう“闇展開”に突入していきます。

いやぁ、でもこれって、ありえないですよねえ。最愛の娘に残す言葉としては、ユーモアありすぎチョイスじゃないですか、「キアヌ・リーブス」って。悲しむ娘を笑顔にするためにあえて、突然ハリウッド俳優の名前を出しちゃったという親心なのか、それとも本当の父親が殺人犯だったとしてそのことを隠すための思いつきだったのか、もしくは何かキアヌ・リーブスの映画出演作品に、出生の秘密が隠されているという暗号なのか。

いまのところ、その答えはまだ明らかになっていませんが、ケイトの出生の謎が明かされるかどうかも、このドラマの見どころのひとつといえるでしょう。

2月19日に放送された第7話では、恨みを持つ取材対象者にケイトが刃物で刺され、さらにかばったフリーランスの動物カメラマン・尾高由一郎(柄本佑)が背中を刺されるという、恐怖の襲撃シーンが繰り広げられます。

騒然とする編集部でしたが、やがて記者たちの取材根性で、そんな襲撃シーンでさえも撮影をして記事にするというたくましい展開になり、バシバシと指示を飛ばす敏腕編集長・岩谷進(佐々木蔵之介)。その様子を複雑そうな面持ちで眺める、ケイトの元カレ・野中春樹(ジャニーズWEST 重岡大毅)など、ケイトを取り巻く男たちはそれぞれが濃いキャラクターたちばかり。

ダンディーな佐々木蔵之介、思いつめる顔も味わい深い柄本佑。(c)日本テレビ

筆者がかつて在籍していた雑誌編集部のなかに、週刊誌の編集部もありました。でもそれは「週刊イースト」のようなゴシップなども扱う週刊誌ではなく、筆者の場合はカルチャーなどを扱う“エンタメ専門週刊誌”だったので、ドラマとは全然種類は違うものの、週刊誌編集部特有のあの慌ただしさ、スピーディーさ、校了に向けて一気に編集していく集中力などが、劇中でも実にリアルに描かれている点も、個人的にはポイントが高いなと思って観ています。

1 2