コラム 25年ぶりでも感動!コロナ禍で再放送された『愛していると言ってくれ』に見た、作品力の普遍性

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits WOMANでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、90年代の名作ドラマ『愛していると言ってくれ 2020年 特別版』(TBSほか)をご紹介します。

25年ぶりの再放送でも衰えない“純愛ストーリー”

Macintosh HD:Users:zaru:Desktop:愛していると言ってくれ1.jpg
榊晃次(豊川悦司)と水野紘子(常盤貴子)の
2度の出会いをつなぐのは“リンゴ”。

コロナ禍で“STAY HOME”をせざるを得なかったため、今シーズンのドラマ収録は難しく、異例の休回が起きています。そんななか、うれしいのは、かつてわたしたちを楽しませてくれたドラマの再放送が増えたこと。今回紹介するドラマ『愛していると言ってくれ』も、そのひとつです。

もともと『愛していると言ってくれ』は、1995年7月期に全12話で放送された“恋愛ドラマの神様”と称される北川悦吏子さん脚本の連続ドラマ。最高視聴率は28.1%を記録し、DREAMS COME TRUEが歌う主題歌「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚の大ヒットとなった、記憶にも記録にも残る名作です。

今回は、「2020年 特別版」を5月31日から4週連続で再放送。特別企画として、ダブル主演を務めた豊川悦司さんと常盤貴子さんの“リモート同窓会”企画も行なわれ、撮影当時の知られざるエピソードを語っていたのも、視聴者にとってはうれしいサプライズになりましたよね。

ドラマでは、聴覚に障害のある新進青年画家・榊晃次(豊川)と、女優を目指す劇団員の水野紘子(常盤)との純粋で繊細なラブストーリーが描かれています。

放送当時は、今のようにLINEやメールはおろか、携帯電話が多くは出回っていないとき。若者たちの通信ツールのメインは“ポケベル”での数字メッセージ(たとえば「14106」=「愛してる」と読み取るんですねえ)という時代で、劇中でも出てくる“ファクス”でのやりとりも(しかも当時のファクスは高価でした)、いたって普通のことだったんです。

これら25年前の旧ツールが活躍するドラマなのに、2020年の今観ても色褪せず、晃次と紘子のやりとりに胸が熱くなってしまうのはなぜでしょうか。その理由に迫ってみたいと思います。

まず脚本を手がけた北川さんは、『愛していると言ってくれ』の前に、1992年には今はとんねるず・木梨憲武さんの奥様としても知られる女優の安田成美さんと昭和の歌姫・中森明菜さんのダブル主演ドラマ『素顔のままで』や、1993年には石田ひかりさん、筒井道隆さん、木村拓哉さんらが出演した『あすなろ白書』(ともにフジテレビ系)などで、すでにヒット作を連発。以降、現在にいたるまで、さまざまな人気作を手がけています。

友情、愛情、駆け引き、ずるさ、まっすぐさ、すれ違い……といった登場人物たちの心のうちを見事に描写。今も昔も変わらないのは、それぞれのキャラクターの“人間らしさ”を浮き彫りにしていること。とくに主人公や相手役に、視聴者をキュンとさせる行動をとらせるなど、女性の心をグッとつかんで離さない脚本の力があります。『愛していると言ってくれ』では、言葉でのコミュニケーションが難しいふたりが、もどかしさにとわられながらも、純愛を貫こうともがきます。

また、ヒロインの紘子役を演じる常盤さんは、このとき、まだデビューしてから数年という状態。1993年に出演したドラマ『悪魔のKISS』(フジテレビ系)での体当たりの演技が評価され、『愛していると言ってくれ』では豊川さんの恋人役に抜擢されましたが、感情の起伏が激しいながらも純粋な紘子を演じきって、これで確実に女優として頭ひとつ抜けた印象がありました。

感情のまま、ド直球で晃次に言葉や手話を投げかけたり、喜怒哀楽を表す紘子は時に微笑ましく、時に「おいおい、それもうちょっと考えようよ!」と思わずツッコンでしまいたくなることも。たとえば、晃次に「聞こえないのって、どんな感じ?」と好奇心いっぱいにたずねる紘子。悪意がないからこそ成立するやりとりでもあるため、晃次も紘子の裏表のなさに、素直に「夜の海の底にいるような感じ」と、ワープロ(う〜ん、なつかしい)で返事をする場面がありました。そんな紘子の感情のままに行動する気質は、後に、幼なじみの矢部健一(岡田浩暉)らとの波乱を呼んでしまうんですけどね……。

そしてなんといっても、筆者も当時からどハマりしたのですが、晃次役を演じる豊川さんの魅力にまいってしまう女性が、25年経った今回も続出したんです。

1 2

Ranking

Information