コラム 80年代がトレンド!? 福田組で急成長を遂げる役者が織り成す『今日から俺は!!』のポップワールド

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits WOMANでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)をご紹介します。

最強のツッパリ・コンビが繰り広げる青春ストーリー

転校を機に“ツッパリ”デビューをした三橋貴志(賀来賢人)と伊藤真司(伊藤健太郎)。2人の息はピッタリ! (c)NTV

2018年10月期に放送された『今日から俺は!!』が、2020年7月17日に劇場版が公開されることを記念して、同日に『映画公開記念!! 今日から俺は!! スペシャル』(日本テレビ系 午後9:00)を地上波でもオンエアします。

原作は、1988年から1997年までの約10年間、『増刊少年サンデー』から『週刊少年サンデー』(ともに小学館)で連載され、累計4000万部を超える大ヒットを記録した、西森博之さんの代表作でもある同名漫画。卑怯でずる賢い金髪パーマの主人公・三橋貴志(賀来賢人)と、生真面目で正義感の強いトンガリ頭の伊藤真司(伊藤健太郎)という、最強のツッパリ・コンビが巻き起こす、青春ヤンキーコメディです。

ドラマで繰り広げられる、80年代前半、昭和の千葉を舞台にした学園ライフは、なんとも賑やか。“ツッパリ(不良)”という言葉自体になじみのない現代のティーンエージャーも、劇中の高校生たちがいきいきと過ごす様子を見れば見るほど、夢中になってしまうほど。

そもそも古いことは新しく、新しいものは古くなるという流行において、80年代に青春時代を送っている世代には懐かしく、そうではない世代にはとても新鮮に映る『今日から俺は!!』の世界。ドラマ主題歌は、80年代にツッパリ・ロックンロールバンドとして人気のあった横浜銀蝿の弟分としてデビューした、嶋大輔の82年のヒット曲「男の勲章」。この曲をドラマキャストが“今日俺バンド”としてカバーし、ドラマのオープニングタイトルバックとして流れ、おおいに盛り上がっているパフォーマンスも話題となりました。

80年代といえば、何年か前から、世間は“バブル”なものに対して再び注目を集めていた気がします。お笑い芸人の平野ノラさんが、派手なメイクに肩パッド入りのボディコンスーツを着て、ロングソバージュヘアーをなびかせ、超デカイ携帯電話(当時は最新の「ショルダーホン」)を手に、「しもしも〜」と話すネタが大ウケ。

2017年のYouTube国内トップトレンド動画1位になったのは、大阪府立登美丘高校ダンス部による「バブリーダンスPV」で、高校生たちがボディコンスーツを着て踊っていたのは、85年に発売された荻野目洋子さんのダンサブルな曲「ダンシング・ヒーロー」などのバブリー時代の曲です。この時代の曲はアッパーで、気分をアゲてくれるものが多いのは、やはり日本全体がバブルでウキウキだったからかもしれません。

世間ではすっかり“ウェルカム80年代”というムードがあるなかで、同ドラマが2018年に放送され、劇中では三橋と仲のいい赤坂理子役を演じる清野菜名さん、伊藤の彼女・早川京子役を演じる橋本環奈さんは、80年代頭に大流行した松田聖子さんがもととなった髪型“聖子ちゃんカット”をしていて新たな魅力を見せています。

2020年のいまもその空気感はそのままなので、今回の『今日から俺は!!』のスペシャルドラマや映画のお知らせに、心踊る視聴者もいたのではないでしょうか。そしてこのドラマを成功に導いているのは、なんといっても、脚本と演出を担当しているコメディー作品のヒットメーカー・福田雄一さんの存在です。

初々しいカップルの伊藤と早川京子(橋本環奈)。女番長であることを隠す環奈ちゃんの二面性も見どころ! (c)NTV 
1 2