コラム 『半沢直樹』“緊張と弛緩”がもたらす外連味! パワーキャラが炸裂する高カロリードラマ

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、日曜劇場『半沢直樹』(TBS系 毎週日曜午後9:00)をご紹介します。

“緊張と弛緩”がもたらすハラハラドキドキの心理戦

相変わらず目力の強い半沢(堺雅人)。(c)TBS

堺雅人さん主演の日曜劇場『半沢直樹』が、 社会現象となった前作に続いて、 またもや高視聴率を記録して大反響を呼んでいます。ベストセラー作家・池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズを原作に、今回は『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)を映像化したドラマで、東京中央銀行のバンカーから、出向先の子会社である東京セントラル証券の営業企画部部長となった半沢直樹(堺雅人)が、職務上での敵と戦い、組織と格闘していく姿が描かれています。

大人気ドラマの第二弾ということで、第一弾の人気キャラクターもお目見えしています。8月2日放送の第3話では、東京セントラル証券に立ち入った金融庁証券取引等監視委員会の部下たちをかき分けて、まっすぐと半沢の前に立ち「お久しぶりねぇ」と登場した、片岡愛之助さん演じる黒崎駿一統括検査官に釘付け。半沢の因縁の相手でオネエ口調というクセのありすぎるキャラクターのうえ、部下に檄を飛ばすための“急所づかみ”を第3話では2回も披露し、SNSもざわついていましたよね。

ほかにも、「相当めちゃくちゃ激しくヤバいぞ」と焦る半沢のパソコンを没収し、黒崎が部下に逆買収計画書の証拠を探させている間、「直樹がね、ネットでヨチヨチかくれんぼ♪」と妙な替え歌童謡を歌い出す黒崎。証拠をつかまれるか、つかまれないかという緊迫感あふれるシーンなのに、黒崎のおかしな暴走に思わず、吹き出してしまったのは筆者だけではないはずです。

実はこの“緊張と弛緩”が、ドラマ『半沢直樹』をヒットさせる一因となっているのではと感じています。“緊張”という意味では、攻防戦を繰り返す劇中は、思わず手に汗握るハラハラするシーンがいっぱい。毎回、「次はどうなるの!」「半沢は大丈夫?」と、その身を案じる展開に目が離せなくなります。たとえば、いやがおうでも人が死んでハラハラするという殺人事件が起こるドラマではないのに、そのぐらい毎回ヒヤッとしたりドキドキしたりと、心理戦だけで、ものすごくスリリングな『半沢直樹』。

そして心理戦を盛り上げる音楽も忘れちゃいけません。オープニングや劇中で流れる重厚なあの音楽は、作曲家・服部隆之さんが手掛けた「テーマ・オブ・半沢直樹 〜Main Title〜」。今回のドラマがスタートする前日に、同じTBS系列で放送されていた音楽特番『音楽の日2020』で、この曲ともう1曲を服部さんの指揮のもとオーケストラが生演奏し、その様子を主演の堺さんが見守っていました。

総合司会の中居正広さんが、服部さんと堺さんにインタビューしていたのですが、服部さんはこのテーマ曲は「半沢直樹の生き様にそのままつけているので、ドラマと一緒に聴いていただければ」と話し、堺さんは曲を聴いて「現場では聴けないので、出来上がったものを観てこんな盛り上がるシーンになっているのか」「頑張んなきゃと思いました!」と、迫力あるスペシャルバンドの生演奏に、さらなる気合を入れていました。このテーマ曲が流れることで、『半沢直樹』の世界観がより一層、奥行きを増しているように感じています。

続いては、“緊張”と“弛緩”の両方をもたらしてくれる、出演者について見ていきましょう。

半沢の親友・渡真利(及川光博)も再び登場。(c)TBS
1 2

Ranking

Information