コラム 『愛の不時着』『梨泰院クラス』の次はこちら!ハードな人生を美麗な装飾でソフトに包んだ、大人の毒々ファンタジー『サイコだけど大丈夫』

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』(Netflix)をご紹介します。

精神病院を舞台に“生きづらさ”を抱える人たちが交差

Macintosh HD:Users:zaru:Desktop:「サイコだけど大丈夫」使用カット:使用1 김수현 서예지 (2).jpg
右・ナイフを素手でつかむ主人公のムン・ガンテ(キム・スヒョン)、左がヒロインのコ・ムニョン(ソ・イェジ)。 (Netflixオリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』独占配信中)

日本でも話題を呼んでいる『愛の不時着』『梨泰院クラス』といった韓国ドラマで、新たに注目を集めている『サイコだけど大丈夫』。韓国でドラマが放送された直後の2020年6月20日から日本でもNetflixで配信がスタートしたばかりだというのに、すでに総合TOP10上位に連日ランクインし続けています。

『サイコだけど大丈夫』は、愛することも希望を持つこともなく生きてきた、「OK精神病院」で働く保護士のムン・ガンテ(キム・スヒョン)が主人公。精神病院で献身的に働くガンテは、ある日、愛を知らずに生きてきた人気童話作家のコ・ムニョン(ソ・イェジ)に出会い、そのサイコな言動に振り回されながらも、次第に惹かれ合っていきます。ガンテの自閉スペクトラム症の兄、ムン・サンテ(オ・ジョンセ)は、もともとムニョンの絵本が好き。3人の人生が交差して、知られざる運命の扉が開き、その先には衝撃の事実が待ち受けているのでした。

オープニングでも表現されている童話の中のような世界観に惹き込まれるものの、ただファンタジーなだけではなく、いばらのトゲに指をさして血を流す場面があるように、毒々しさを内包しているのが『サイコだけど大丈夫』。

心の病いを持つ人たちが過ごす精神病院が舞台だったり、サンテの自閉スペクトラム症の描写だったり、ムニョンのサイコぶりだったりとデリケートに扱われがちな題材をベースにしながらも、ハードになりすぎない絶妙のバランスでストーリーは展開していきます。

ストーリーが進むにつれて、登場人物が抱える“闇”が明らかになっていくのですが、どれもさじ加減を間違えると、「重々しくて観ているのがツライ」と感じてしまう視聴者も出てくる可能性大。ですが、そんなハードさを役者たちが巧みに演じ、ムニョンの装いや豪華なお屋敷、美麗なセットなどで、ソフトに包み込むことに成功しています。

サンテを演じているオ・ジョンセさんは、今年6月に開催された韓国のゴールデン・グローブ賞といわれる「百想芸術大賞」で、韓国の大ヒットドラマ『椿の花咲く頃』(日本ではNetflixで配信中)に出演し、男性助演賞を受賞している実力派。『サイコだけど大丈夫』で見せるサンテの姿は、それがまるで演技だと感じさせないほど、見事です。

そして、ガンテ、ムニョン、サンテといった主要3キャラクターのそばには、ガンテの親友のチョ・ジェス(カン・ギドゥン)、ガンテに想いを寄せるナム・ジュリ(パク・ギュヨン)、ジュリの母でムン兄弟を心配しつつも美味しいご飯でもてなすカン・スンドク(キム・ミギョン)、ムニョンの絵本の出版社代表であるイ・サンイン(キム・ジュホン)ほか、彼らを温かく見守る人たちが登場することも、視聴者を和ませている要素だといえるでしょう。

迫る危機に直面しても、温かいまわりの人たちに支えられながら、なんとか前を向こうとするガンテたち、それを支える脇役たち。主人公のガンテを演じるキム・スヒョンさん、ムニョンを演じるソ・イェジさんとは、どんな俳優さんなのでしょうか。

Macintosh HD:Users:zaru:Desktop:「サイコだけど大丈夫」使用カット:使用2 200716_NKO00046.jpg
ガンテ、ムニョン、ガンテの兄のムン・サンテ(オ・ジョンセ)で、記念すべき“家族写真”を撮影。 (Netflixオリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』独占配信中)
1 2

Ranking

Information